本部港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本部港
Motobu Port Okinawa JAPAN.jpg
本部港(本港地区)
所在地
日本の旗 日本
所在地 沖縄県国頭郡本部町字崎本部5235
座標 北緯26度38分31.2秒 東経127度52分44.3秒 / 北緯26.642000度 東経127.878972度 / 26.642000; 127.878972座標: 北緯26度38分31.2秒 東経127度52分44.3秒 / 北緯26.642000度 東経127.878972度 / 26.642000; 127.878972
詳細
開港 1972年5月15日
管理者 沖縄県
種類 地方港湾
面積 734ha
統計
統計年度 2015年度
発着数 8,796隻(7,149,795総トン)[1]
旅客数 699,599人[2]

本部港(もとぶこう)は、沖縄県国頭郡本部町にある港湾地方港湾)である。港湾管理者は沖縄県。

概要[編集]

昭和50年に開かれた沖縄国際海洋博覧会に際し、大型旅客船の接岸バースとして、また、那覇・伊江島からのホーバークラフトの連絡港として整備された。[3]

伊江島行きのフェリーのほか、那覇港鹿児島港を結ぶ航路の寄港地のひとつでもある(那覇港-本部港の2等運賃は路線バスの運賃よりも安い)。

2017年1月31日国土交通省が実施する「官民連携による国際クルーズ拠点形成」事業の実施港に選定された。クルーズ客船事業者と自治体が連携してクルーズ客船の拠点を開発するもので、スタークルーズを運航するゲンティン香港グループがCIQ機能を有する旅客ターミナルを整備、港湾管理者の沖縄県および国が岸壁を整備する。ゲンティン香港グループが整備する旅客ターミナルは他社にも供用されるが、県との合意の範囲内で岸壁の優先使用権が与えられる。2020年に運用を開始、運用当初は年間88回、2030年には104回の寄港を見込んでいる[4]。また、2017年7月26日には、国土交通大臣により、港湾法第2条の3で定める国際旅客船拠点形成港湾に指定されている[5][6]

2015年度の発着数は8,796隻(7,149,795総トン)[1]、利用客数は699,599人(乗船349,459人、下船350,140人)である[2]

航路[編集]

伊江村営フェリー「ぐすく」 - 本部港

旅客扱いを行う航路について記述する。

マリックスラインマルエーフェリー
1日上下1便。2社で毎日運航。
伊江村営フェリー
1日4往復。所要時間は30分。 ※多客期は5-8往復に増便

水納島への航路(水納海運)は、近くの渡久地港から就航している。

アクセス[編集]

路線バス

最寄のバス停は「本部港」バス停。
名護バスターミナルから

(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス)

  • [117] 高速バス(美ら海直行) 約25分。
  • [65] 本部半島(渡久地)線 約40分。
  • [66] 本部半島(今帰仁)線 約1時間10分。
那覇空港 那覇バスターミナル(旭橋駅前)から

(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス)

  • [117] 高速バス(美ら海直行)
那覇空港から、約2時間。
那覇空港 県庁北口から

(やんばる急行バス)

  • 運天港行き
那覇空港から、約2時間。
タクシー利用
名護バスターミナルから、約20分。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第2部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第2部第2表
  3. ^ 本部港 沿革と概要
  4. ^ “本部、宮古にクルーズ拠点港 2船会社、施設整備へ”. 琉球新報 (琉球新報社). (2017年2月1日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-436825.html 2017年5月19日閲覧。 
  5. ^ クルーズ拠点で指定書=6港管理の首長らに-石井国交相 時事通信、2017年7月26日
  6. ^ 石井国交相が国際クルーズ船拠点港に平良港を指定 宮古新報、2017年7月27日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]