櫃島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
櫃島
Ooshima(hagi city).jpg
上の小さな島が櫃島で下は大島2010年11月4日
所在地

日本の旗 日本 山口県萩市

櫃島の位置(山口県内)
櫃島
所在海域 日本海
座標 北緯34度31分5.3秒
東経131度23分16.4秒
座標: 北緯34度31分5.3秒 東経131度23分16.4秒
面積 0.83 km²
海岸線長 4.0 km
最高標高 90.1 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
西側より撮影。右端(南側)に小さな港がある(2008年5月18日)
櫃島の空中写真。(1976年撮影)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

櫃島(ひつしま)は、山口県萩市沖の日本海に浮かぶ

地理・自然[編集]

同じ萩市に属する大島から約1.1km北西側に隣接する形で位置している。本土である萩市中心部からは約10.5kmほど北に位置しており、北長門海岸国定公園の区域に指定されている。大島、相島などとともに、かつての「萩六島村」を構成する島のひとつ。ちなみに、その六島の残る三島は尾島羽島肥島であり、いずれもすでに無人島となっている。

島は安山岩により形成された溶岩台地である。海岸線は断崖絶壁で以外の所では上陸はほぼ不可能、崖の上はクロマツで被われ、一部にアカマツ広葉樹等が見られる。標高の最高地点は約90.1mで、内陸に入るとほぼ平坦地で一面葉たばこが広がる。北側の海岸に山口県内で唯一ヒゴタイが自生しており、オリヅルシダの県内北限の自生地となっている。島の中南部にある櫃島八幡宮の境内には市指定天然記念物であるリュウキュウエノキがある。樹高約23m、幹の周囲約6.5mで推定樹齢は約400年、日本最大のリュウキュウエノキといわれている。

歴史[編集]

地元の伝説では壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人がこの島に流れ着き開島したといわれている。萩市内の大井八幡宮に伝わる古文書[1]に「志都島」と記したものがあり、有人島であることを示す史料はこれが最初である。また同神社の資料では他に阿武郡20郷と並んで農作物、農製品や人役などを献納していたことがうかがえる。江戸時代には島流しの地だったとされている。

人口[編集]

世帯数 合計
元文5年(1740年 118人
安政2年(1855年 10世帯 56人[2]
昭和55年(1980年 10世帯 23人
平成5年(1993年 9世帯 9人 11人 20人
平成19年(2007年 10人
平成21年(2009年)4月1日 5世帯 8人
平成22年(2010年)11月1日 5世帯 2人 5人 7人
平成24年(2014年)4月1日 3人

生活[編集]

現在の人口はわずか2人[3]で、完全な無人島になるのも間近いとされている。大島と同様、古くからの葉たばこの産地で、今も島の大部分は葉たばこ畑である。漁業はかつて行われていたがふるわず途絶えてしまった。現在の住民は葉たばこ生産に携わりつつ本土側にもを確保しており、自家用で両方を行き来する生活をしている。完全に定住する住民がいなくなった結果、島内には旅館民宿等の宿泊施設はおろか、病院学校等の公共施設も存在しない。

名所・史跡・観光地[編集]

  • 櫃島八幡宮
  • 櫃島八幡宮のリュウキュウエノキ
  • 北海岸に自生するヒゴタイ

アクセス[編集]

定期船は就航されていない。従って来訪する場合は個人の船をチャーターし島の南岸にある櫃島港へ向かうことになる。

注釈[編集]

  1. ^ 室町時代後期、永正5年(1508年)頃と推定される
  2. ^ 郡中大略による
  3. ^ 2018年4月1日現在。住民基本台帳による

外部リンク[編集]