向島 (佐賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
向島
座標 北緯33度29分30秒 東経129度46分35秒 / 北緯33.49167度 東経129.77639度 / 33.49167; 129.77639座標: 北緯33度29分30秒 東経129度46分35秒 / 北緯33.49167度 東経129.77639度 / 33.49167; 129.77639
面積 0.30 km²
海岸線長 4 km
所在海域 日本海玄界灘
所属諸島 玄海諸島
所属国・地域 日本の旗 日本 佐賀県唐津市
テンプレートを表示
向島の位置(佐賀県内)
向島
向島
佐賀県内の向島の位置

向島(むくしま)は、東松浦半島西部、唐津市肥前町の北西沖約2kmの玄界灘に位置する佐賀県唐津市に属する。島名は「向島」だが、大字は唐津市肥前町「向嶋」。

概要[編集]

唐津市肥前町の星賀港から定期船で約10分かかる。島の南東部に砂浜とフェリー発着所があり、定期船はそこに停泊する。文禄年間の頃、松浦の有力豪族だった波多氏が、豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に命令に背いたとして所領を没収され追放された際、一族の一派が移り住み、定住が始まった。

主な産業は漁業で、住民の大半が漁業に従事している。民宿が2つあり、釣り人などの観光客も訪れる。島唯一の灯台は1953年に建設され、多くの住民が資材運びなどに協力した。

島の学校は入野小学校向島分校のみ。中学校はなく、本土の肥前中学校に通うこととなる。以前は向島小中学校が置かれていたが廃止・統合された。