下地島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
下地島
Shimojishima Okinawa Japan01s3s3900.jpg
所在地 日本の旗 日本沖縄県宮古島市
所在海域 東シナ海
所属諸島 宮古列島
座標 北緯24度48分58秒
東経125度09分25秒
座標: 北緯24度48分58秒 東経125度09分25秒
面積 9.68 km²
海岸線長 17.5 km
最高標高 21.6 m
下地島の位置(南西諸島内)
下地島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

下地島(しもじしま[1]、しもじじま[2])は、宮古列島のひとつである。全島が沖縄県宮古島市に属する。

概要[編集]

狭い水路を隔てて東側の伊良部島と隣接し、6本の橋で結ばれている。また、2015年の伊良部大橋開通により伊良部島を介して宮古島とも陸路で結ばれた。2005年に合併によって宮古島市の一部となる前は、伊良部島とともに宮古郡伊良部町を形成していた。

面積の約98%を公有地(国・県・市有地)が占めており[3]、日本で唯一、パイロット訓練用空港として造られた下地島空港がある。

地理[編集]

面積9.68km2[4]、周囲17.5km[1]、人口95人(住民基本台帳による。2019年1月1日時点)[5]

サンゴ礁の隆起が成因の隆起サンゴ礁の島で、島全体が第四紀更新世の多孔質の琉球石灰岩で覆われている[6]。形状は非常に平たんで、標高は最大で21.6メートル、

河川はない。伊良部島との間には幅40-100mの狭い水路が約3.5kmにわたって続く。水路が狭いため、航空写真などでは伊良部島とひとつの島に見えるが、両島は地続きではない別の島である。この水路には、6本のが架かっている[7]

島の南側は単調な海岸で、西側は険しい海食崖が続く。北側は下地島空港の滑走路が海に突出し、滑走路の東は小さな入り江になっている。下地島空港を除くほぼ全域が伊良部県立自然公園に指定されている[8]

歴史[編集]

朝鮮王朝実録』(李朝実録)の世祖8年(1463年)2月の条には、宮古島に漂着した朝鮮船の乗員の記録があり、その中に下地島に比定される「時麻子島」の記述があって、宮古島と下地島など近隣の5島の島民は互いに往来していたという[9]

また、古琉球の頃には伊良部島の佐和田にキドマリ村(木泊村)があったとされ、村跡が残る。この村は古琉球の間に津波で壊滅したとされるが[要出典]、『伊安氏正統家譜』には、16世紀嘉靖年間頃の人物と推定される喜屋泊与人に関する記述があり、この喜屋泊が木泊とするならば当時まで村が存在したと考えられる[9]

近世初頭に伊良部村の伊安姓国仲与人が八重山で牡牛・牝牛を2匹購入してきて放牧したといい[10]、以降は牧場があった。1767年に与世山親方は、馬が風雨や寒暑をしのぐためにアダンや諸木を植えるよう指示している[11]1769年に伊良部島との間に佐和田矼が築かれた[12]が、1771年八重山地震にともなう明和の大津波により一部が破壊された。この津波では平坦なため放牧地やが水没し、馬や牛、などが溺死している[13]。下地島に13(約40m)もの高さの大波が打寄せ、西岸の帯岩などが打上げられたとされる。ただし、近年の研究によって、先島諸島(宮古列島・八重山列島)では周期的に津波が発生したことが明らかになっており、帯岩はより以前の津波によって移動したとする説もある。

交通[編集]

下地島空港事務所

空路[編集]

航路[編集]

  • 島内に定期航路が就航する港湾はない。
  • 伊良部島との間の水路の伊良部島側南東入口(渡口の浜)付近には長山港渡口地区があり、主に地元の小型船が利用している[19][20]

道路[編集]

  • 沖縄県道90号下地島空港佐良浜線
    • 下地島の下地島空港を始点とし、国仲橋を渡って伊良部島に入る[21]。その後、伊良部島を横断して東岸に位置する終点の佐良浜に至る[22]
  • 沖縄県道252号平良下地島空港線
    • 下地島の下地島空港を終点とする。終点から始点方向に見ると、下地島東岸を北から南に縦断し、乗瀬橋を渡って伊良部島に入る[21]。その後、伊良部島の南岸沿いに東に進み、伊良部大橋を経て始点の宮古島中心部に続く[22]
  • 伊良部島との間の水路には、南(渡口の浜側)から北(佐和田の浜側)の順に以下の橋が架かっている。国仲橋及び乗瀬橋が県道で、他は市道の一部[21]
    • 乗瀬橋(ぬーしはし) - 1976年3月に下地島空港建設に伴い工事用道路の一部として架橋。名称は近くにある乗瀬御嶽にちなむ。老朽化のため2009年から通行止めとなって、2013年1月に取り壊された[23]。その後、架け替えが行われ、2019年3月16日に新しい橋の供用が開始された[21][24][25][26]
    • 伊良部橋 - 老朽化のために2005年から通行止めとなっていたが、現在の橋が2010年に竣工[27]2011年に開通した[28]
    • 仲地橋 - 1919年架橋[29]。現在の橋は1981年頃竣工[27]
    • 国仲橋 - 1912年架橋[29]。現在の橋は1983年竣工[30]。県道90号の橋[21]
    • たいこ橋 - 現在の橋は1997年竣工[27]
    • なかよね橋 - 現在の橋は1994年竣工[27]

交通機関[編集]

  • 空港連絡バス - 宮古協栄バス及び中央交通が、下地島空港と宮古島内との間で空港連絡バスを運行している。ただし、下地島内では下地島空港以外には停車しない。
  • 定期路線バス - 共和バスが、伊良部島と宮古島平良港との間で定期バスを運行しており、伊良部島の各々の橋に近い停留所から下地島までは徒歩10分前後である。
  • タクシー・レンタカー - 下地島空港にレンタカーが出店している[31]。橋で繋がる伊良部島や宮古島で営業しているタクシー、レンタカーの利用も可能。

名所・旧跡・観光スポット[編集]

通り池
サーモクラインによって色が変わって見え、古くから神話が伝わる幻想的な池。中央に天然の石橋が架かり、2つに分かれているように見えるが水中で繋がっており、さらに海にも通じている。このため、絶好のダイビングスポットとして知られる。国の名勝及び天然記念物。周辺にはカルスト地形のカレンフェルトが発達している。
帯岩
1771年明和8年)に起きた八重山地震またはそれ以前の津波の際に打ち上げられたとされる巨岩。人がを締めているように見えることから、この名称がついたとされる。現在は島の信仰の中心[32]
下地島空港
周辺の海の美しさで知られる[33]。かつてはジェット機タッチアンドゴー(離着陸訓練)が行われていたが、2014年4月以降は琉球エアーコミューター(RAC)や海上保安庁等の小型機の訓練のみが行われている[34]。新ターミナル開業に伴い、周辺道路は2019年3月23日から車両全面通行止め(徒歩での通行は可能)[35]
中の島ビーチ
シュノーケリングに適したビーチ[36][37]。地元ではカヤッファと呼ばれる[38]

下地島を舞台とする作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 島のデータ (PDF)”. 沖縄県企画部地域・離島課. 2019年12月13日閲覧。
  2. ^ 下地島”. DOR39. 沖縄県ディスカバー沖縄しま観光振興事業. 2019年12月13日閲覧。
  3. ^ 沖縄県『下地島土地利用基本計画(第二次改定)』(レポート)、沖縄県、2018年3月。
  4. ^ 島面積 (PDF)”. 国土地理院 (2019年7月1日). 2019年12月13日閲覧。
  5. ^ 島しょ別住民基本台帳人口及び世帯数”. 沖縄県 (2019年9月12日). 2019年12月13日閲覧。
  6. ^ 安谷屋昭「巨大石灰岩層の島・宮古島と八重干瀬台礁 (PDF) 」 『平良市総合博物館紀要』第8号、平良市総合博物館、2001年3月、 143-157頁。
  7. ^ 宮古圏域”. 沖縄のしまじま. 沖縄県企画部地域・離島課. 2019年12月13日閲覧。
  8. ^ 伊良部県立自然公園”. 沖縄県環境部自然保護課 (2019年3月19日). 2019年12月13日閲覧。
  9. ^ a b 山本正昭・平良勝保・山田浩世「伊良部・下地島キドマリ村跡調査成果報告」『2011年度トヨタ財団研究助成採択プログラム沖縄・奄美島嶼社会における行政防災施策・制度・システムの歴史的変遷に関する包括的研究成果報告書』2013年10月、 21-37頁。
  10. ^ 『宮古島記事』
  11. ^ 『与世山親方宮古島規模帳』
  12. ^ 『白川氏支流家譜』
  13. ^ 『御問合書』 伊佐家文書
  14. ^ “下地島空港旅客ターミナル施設開業日決定 ジェットスター・ジャパン 成田=下地島路線開設” (プレスリリース), 三菱地所株式会社、下地島エアポートマネジメント株式会社、ジェットスター・ジャパン株式会社、成田国際空港株式会社、沖縄県、宮古島市、一般社団法人宮古島観光協会, (2018年10月15日), https://www.naa.jp/jp/pdf/20181015-shimojishima.pdf 
  15. ^ “下地島―成田便就航へ 来年3月ターミナル開業 沖縄県宮古島市”. 琉球新報. (2018年10月16日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-819093.html 
  16. ^ “片道385円、午後3時から限定販売 下地島-関空、ジェットスター7月就航”. 琉球新報. (2019年3月13日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-887930.html 
  17. ^ “下地島-香港にLCC定期便、7月から”. 日本経済新聞. (2019年2月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41562440R20C19A2LX0000/ 
  18. ^ https://news.line.me/issue/oa-trafficnews/7pwb806d7jzx?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none
  19. ^ 長山港 (PDF)”. 沖縄県. 2019年3月7日閲覧。
  20. ^ “浮き桟橋 4月に供用開始へ/伊良部島-下地島間”. 宮古毎日新聞. (2015年3月4日). http://www.miyakomainichi.com/2015/03/73411/ 2019年3月7日閲覧。 
  21. ^ a b c d e “乗瀬橋 架け替え工事着工/伊良部-下地島”. 宮古毎日新聞. (2015年3月9日). http://www.miyakomainichi.com/2015/03/73549/ 
  22. ^ a b 平成29年度管内事業箇所 宮古土木事務所管内図 (PDF)”. 沖縄県土木建築部 宮古土木事務所. 2019年12月17日閲覧。
  23. ^ 業務概要 道路事業 (PDF)”. 沖縄県土木建築部 宮古土木事務所. 2016年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月28日閲覧。
  24. ^ “橋梁設置工事が本格化 伊良部島と下地島結ぶ乗瀬橋”. 宮古毎日新聞. (2017年6月15日). http://www.miyakomainichi.com/2017/06/100035/ 
  25. ^ “新年度予算14億円超/宮古土木事務所 主事業に下地島空港線/伊良部乗瀬橋、継続整備”. 宮古毎日新聞. (2018年5月3日). http://www.miyakomainichi.com/2018/05/108968/ 
  26. ^ “乗瀬橋16日供用開始/伊良部島-下地島”. 宮古毎日新聞. (2019年3月9日). http://www.miyakomainichi.com/2019/03/117581/ 
  27. ^ a b c d 橋梁点検結果 (PDF) 宮古島市
  28. ^ 伊良部橋、6年ぶり通行再開へ上部工事 宮古新報、2010年6月19日
  29. ^ a b 宮古毎日新聞
  30. ^ しまじまクイズ 知・旅・住 離島総合情報サイト 沖縄のしまじま
  31. ^ “下地島空港、レンタカーカウンターに出店する3ブランドが決定”. FlyTeam. (2019年2月7日). https://flyteam.jp/news/article/105865 
  32. ^ 史跡1~25|観光・イベント情報 宮古島市
  33. ^ 伊良部島・下地島特集 下地島空港周辺海岸 美ら島物語(日本トランスオーシャン航空)
  34. ^ 今月のタッチアンドゴー(訓練計画) 沖縄県土木建設部、2014年3月17日
  35. ^ “来月23日から通行止め 下地島の滑走路周辺通路/開業控え”. 宮古毎日新聞. (2019年2月20日). http://www.miyakomainichi.com/2019/02/117066/ 
  36. ^ ビーチ特集 中ノ島 美ら島物語(日本トランスオーシャン航空)
  37. ^ 伊良部島・下地島特集 中の島海岸 美ら島物語(日本トランスオーシャン航空)
  38. ^ “サンゴ礁保全モデル事業/海はみんなで守ろう”. 宮古毎日新聞社. (2009年12月27日). http://www.miyakomainichi.com/2009/12/2668/ 

参考文献[編集]

  • 日本歴史地名大系(オンライン版) 小学館(『日本歴史地名大系』 平凡社、1979年-2002年 を基にしたデータベース)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 下地島 - DOR39(沖縄39離島観光情報サイト)
  • 下地島 - おきなわ物語(沖縄観光コンベンションビューロー)
  • 下地島 - リトハク(沖縄観光コンベンションビューロー)