宮古協栄バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮古協栄バス合資会社
Miyako Kyoeibus Corporation.
種類 合資会社
略称 協栄バス
本社所在地 日本の旗 日本
906-0012
沖縄県宮古島市平良字西里768-2[1]
設立 1959年(昭和34年)2月3日[1]
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業ほか
代表者 代表社員 豊見山健児[1]
資本金 31,845,200円[1]
従業員数 25人[1]
外部リンク http://www.miyako-net.ne.jp/~kyoeibus/top.html
テンプレートを表示

宮古協栄バス合資会社(みやこきょうえいバス)は、沖縄県宮古島市に本社を置き、宮古島の島内で路線バス観光バス事業を営むバス会社である。他に合資会社協栄タクシーとして、タクシー事業も営んでいる。

沿革[ソースを編集]

路線[ソースを編集]

宮古島市の中心市街地と、宮古島市内の旧郡部(宮古郡)の旧上野村城辺町下地町の地域を結ぶ5路線を運行する。

平良港から徒歩約20分、島の繁華街・西里通りから徒歩12分の本社併設の平良バスターミナルが運行の拠点である。同じく宮古島を営業エリアとする八千代バスの平良バスターミナルとは異なる場所であり、両社のターミナルは遠く離れている。かつては協栄バスと八千代バスは同一市内の中心部に乗り入れるにもかかわらず、重複区間も接続停留所もまったくなかったが[5]、伊良部大橋の開通に合わせて伊良部島の共和バスが平良港 - 伊良部島間の路線を運行開始したのに合わせて両社ともに平良港への乗り入れを開始し、結節点となった平良港で3社の乗り換えが可能となった。

各路線とも、平日の8-9時台に旧郡部から平良港方面に向かう便1-2本は県立宮古病院・実業高校経由となる。なお、宮古病院からの帰りの便は「ニーズが不確定」として運行されない[2]

ダイヤは平日と土日祝日ダイヤがあるが、学校の春・夏・冬休み期間は土日祝日ダイヤでの運行となる。

現行路線[ソースを編集]

5路線。

以下の経路の表記において 【 】 は経由する便としない便があることを示す。1番の始発・最終便を除き、全便とも平良ターミナルを出たあと市街地・平良港と各地の終点の間を1往復もしくはラケット状に循環し、平良ターミナルに戻ってくるダイヤとなっている。

また、以下では主な経路を記述しているが、同じ路線でも便により運行経路、停車順、停車地には細かい違いがある。

系統1番(新城吉野保良線)[ソースを編集]

主な経路
平良 → 【宮古病院/市役所前】 → 平良港 → 公設市場前 → 西里通り入口 → 平良 → 宮古自練前 → 名底 → 野原越 → 長間局前 → 城辺小学校前 → 七又 → 保良 → 平良
主な停車地
平良港、市役所前、宮古病院、西里通り入口、平良、鏡原、更竹、長間局前、城辺小学校前、福里、皆福、大道、七又、吉野、保良

平良と島の南東部の旧城辺町の福里・保良(ぼら)地区を結ぶ路線である。吉野を経由する便と経由しない便がある。平日7本、土日祝日5本の運行。平日朝の平良港行き2本は宮古病院経由。平日の始発便は保良が始発で、平日の最終便は保良が終点となる。

終点の保良には車庫が設けられている[要出典]

系統2番(長北山北線)[ソースを編集]

主な経路
平良 → 【宮古病院/市役所前】 → 平良港 → 公設市場前 → 西里通り入口 → 平良 → 宮古自練前 → 名底 → 比嘉 → 名底 → 宮古自練前 → 平良
主な停車地
平良港、市役所前、宮古病院、西里通り入口、公設市場前、平良、鏡原、名底、野原越、更竹、山北、大瀬原、長間局前、比嘉

平良と島東部(県道78号線以北)の比嘉地区を結ぶ路線である。平日・土日祝日とも3往復運行。平日朝の平良港行き1本は宮古病院経由。

系統3番(友利線)[ソースを編集]

主な経路
平良 → 【宮古病院/市役所前】 → 平良港 → 公設市場前 → 西里通り入口 → 平良 → 宮古自練前 → 名底 → 野原越 → 友利 → 野原越 → 宮古自練前 → 下地鮮魚店前 → 平良
主な停車地
平良港、市役所前、宮古病院、西里通り入口、公設市場前、宮古病院、平良、鏡原、名底、野原越、東ヨナ原、仲原、花切、砂川、友利

平良と島の南部の旧城辺町域西側の友利地区を結ぶ路線。平日6本、土日祝日5本運行。平日朝の平良港行き2本は宮古病院経由。

系統4番(与那覇嘉手苅線)[ソースを編集]

主な経路
平良 → 市役所前 → 平良港 → 公設市場前 → イオンタウン南店 → 下地町役場前 → 与那覇 → 洲鎌 → 【来間】 → 嘉手苅 → 洲鎌 → 下地町役場前 → イオンタウン南店 → 【宮古病院】 → 公設市場前 → 平良港 → 市役所前 → 平良
平良 → (この間上記と同一経路) → 下地町役場前 → 与那覇 → 下地町役場前 → 【西里通り入口/平良港】 → 平良
主な停車地
平良、市役所前、平良港、西里通り入口、公設市場前、宮古病院、イオンタウン南店、川満、下地町役場前、与那覇、洲鎌、来間、棚根、入江、嘉手苅

平良と島南西部の与那覇・嘉手苅両地区を結ぶ路線である。与那覇で折り返す便と、入江湾周辺部の入江・嘉手苅地区を回るラケット型循環経路の便がある。

平日6本、土日祝日5本の運行。うち2本が与那覇折り返し。平日朝の平良港行き2本は宮古病院経由。日中2本が来間島へ乗り入れる。

系統5番(新里宮国線)[ソースを編集]

主な経路
平良 → 市役所前 → 平良港 → 公設市場前 → 宮古自練前 → 空港入口 → 【空港ターミナル前】 → 山中 → 【野原】 → 宮国 → 山中 → 【空港ターミナル前】 → 空港入口 → 宮古自練前 → 【宮古病院/県合同庁舎前】 → 平良港 → 市役所前 → 平良
主な停車地
平良、市役所前、平良港、公設市場前、宮古病院、県合同庁舎前、西里通り入口、宮古自練前、空港入口、空港ターミナル前、東地盛、ヤーバル、野原公民館前、新里、シギラビーチ入口、宮国

平良と島の南部の旧上野村域を結ぶ路線。平良を出発し、旧上野村域を一周して平良に戻るラケット型循環路線である。宮古空港を経由するほか、シギラビーチやうえのドイツ文化村に近い場所を通る。

平日7本、土日祝日5本の運行。平日朝の2本は宮古病院経由。野原公民館前に立ち寄る便もある。

全便が宮古空港近くの空港入口を経由するが、宮古空港ターミナル前に乗り入れるのは9時台から16時台までの3.5往復(1本は宮国からの復路のみ乗り入れ、3本は往路・復路ともに乗り入れ)に限られる。また、航空機と接続するダイヤとはなっていない。

なお、2009年(平成21年)10月に宮古島市街地のホテル8軒が資金を出し合い、当社へ委託する形で無料バスの運行(5往復)を計画したが、地元のタクシー業者からの反発により白紙撤回されている[6]

2016年3月1日改正により系統番号が6番から5番に変更された。

過去の路線[ソースを編集]

系統5番(空港線)[ソースを編集]

系統7番(久松線)[ソースを編集]

  • 駐車場前 - 合同庁舎前 - 久松

平良と市街地南西部の久松地区を結ぶ短距離の路線。平良では他路線と違い、本社バスターミナルではなく宮古島公設市場の向かいにある「駐車場前」から発着していた。かつては市場へ通う行商人が多く利用し、最盛期には日中30分間隔で運転されていたが、近年は利用客も減少し末期は1日1往復のみの運行であった。2016年3月1日廃止。なお、同社の運行路線で唯一、県・市からの赤字補てん金の対象からはずれていた[8]

車両[ソースを編集]

いすゞ日産ディーゼル(現:UDトラックス)、三菱ふそうの国内3メーカーを揃えている。

路線車に関しては、これまで自社発注の車両(非冷房仕様)が占めていたが、現在は本土から移籍してきた中古車両への代替が進められ、2011年(平成23年)6月からはスロープ付きのワンステップバスが導入されている[9]。また、特筆すべき点として、中古車両の冷房装置は自社発注時代に倣って使用されない。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e 会社案内 宮古協栄バス・協栄タクシー
  2. ^ a b 来月3日から宮古病院経由/宮古協栄バス - 宮古毎日新聞、2013年5月30日
  3. ^ 来月1日から新路線/路線バス3社 宮古毎日新聞、2015年1月22日
  4. ^ バス路線2月から新路線開始 大橋開通あわせ延長等 宮古新報、2015年1月23日
  5. ^ 宮古島周辺バス路線図 - バスマップ沖縄、2015年1月28日時点のインターネット・アーカイブ
  6. ^ 宮古島8ホテル、無料送迎バス中止 タクシー業者反対受け”. 琉球新報 (2009年10月22日). 2013年4月8日閲覧。
  7. ^ a b HOT NEWS 宮古協栄バス・協栄タクシー
  8. ^ 補助金6800万円赤字補填 / バス3社”. 宮古毎日新聞 (2012年7月28日). 2014年7月18日閲覧。
  9. ^ 10年度赤字総額5000万円超 / 市内のバス会社3社”. 宮古毎日新聞 (2011年7月30日). 2014年7月18日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]