坂手島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 三重県 > 南勢 > 鳥羽市 > 坂手島
坂手島
Sakate Island, Ckk-75-11 c31b 34.jpg
坂手島の空中写真(1975年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
座標 北緯34度29分5.3秒 東経136度51分34.1秒 / 北緯34.484806度 東経136.859472度 / 34.484806; 136.859472座標: 北緯34度29分5.3秒 東経136度51分34.1秒 / 北緯34.484806度 東経136.859472度 / 34.484806; 136.859472
面積 0.51 km²
海岸線長 3.8 km
所在海域 伊勢湾
所属諸島 志摩諸島
所属国・地域 日本の旗 日本
三重県鳥羽市坂手町
テンプレートを表示

坂手島(さかてじま)は、三重県鳥羽市600mの伊勢湾口に位置するである。地元では坂手を「さかで」とも呼ぶ[1]。一島の住所表記は「鳥羽市坂手町」である。

2011年(平成23年)12月31日現在の住民基本台帳による人口は250人、世帯数は196世帯である。人口密度は日本の離島で第6位である[2]

本項では本島にかつて存在した坂手村(さかてむら)についても記す。

産業[編集]

南側から見た坂手島

周辺の他の離島と異なり、漁業人口の比率が14%と低い一方で、第2次産業人口比率が30%と高い。これは本土側の工場などへの通勤者が多いためである。

歴史[編集]

さかてむら
坂手村
廃止日 1942年6月10日
廃止理由 編入合併
鳥羽町、坂手村鳥羽町
現在の自治体 鳥羽市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
志摩郡
総人口 1,756
国勢調査1940年
隣接自治体 鳥羽町(航路を介して)
坂手村役場
所在地 三重県志摩郡坂手村
 表示 ウィキプロジェクト

島名の由来[編集]

古名は「さかたき」島で、「佐加太岐」や「酒滝」の字が当てられ、「島々により近く、囲まれた便利な」の意味があるという[1]。これが変化して「さかて」となり、「逆手」・「坂手」になったと考えられる[1]

沿革[編集]

島の祭事[編集]

  • 子日祭 -その年最初のの日
  • 棒ねり-例年7月14日。棒をに見立てて行う珍しい祭り。2015年夏、343年の歴史に幕を閉じた。

交通[編集]

坂手島にある唯一の港、鳥羽港との距離は約1 km

鳥羽港の佐田浜桟橋および中之郷桟橋から市営定期船が就航している。  

小・中学校の学区[編集]

公立中学校に通学する場合、以下の学校に通う[3]

かつては坂手中学校も置かれていたが、1948年(昭和23年)に鳥羽中学校に統合され[4]、更に鳥羽中学校が1979年(昭和49年)統合され、鳥羽東中学校となった[5]。島内にある坂手小学校2009年(平成21年)4月1日より休校している[3]

施設[編集]

  • 鳥羽市坂手連絡所
  • 坂手診療所
  • 鳥羽坂手郵便局
  • ホテルニュー美しま
  • 鳥羽中継局

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中村(2005):65ページ
  2. ^ 鳥羽市市民課"町丁別世帯数・人口(住民基本台帳)"(2012年6月15日閲覧。)
  3. ^ a b 鳥羽市教育委員会学校教育課."市内幼稚園、小・中学校一覧"(2011年1月17日閲覧。)
  4. ^ 鳥羽市史編さん室(1991):1307ページ
  5. ^ 鳥羽市史編さん室(1991):460ページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]