コノシロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コノシロ
Konosirus punctatus.JPG
コノシロ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : ニシン上目 Clupeomorpha
: ニシン目 Clupeiformes
亜目 : ニシン亜目 Clupeoidei
: ニシン科 Clupeidae
亜科 : ドロクイ亜科 Dorosomatinae
: コノシロ属 Konosirus
: コノシロ K. punctatus
学名
Konosirus punctatus
(Temminck et Schlegel, 1846)
和名
コノシロ
・鯯・鱅)
コハダ
(小鰭)
英名
Dotted gizzard shad

コノシロ・鯯・鱅、学名:Konosirus punctatus)は、ニシン目ニシン科に分類される魚類である。東アジアの内湾に生息する海水魚で、食用に漁獲される。

分布・生息域[編集]

東北地方南部以南の西太平洋日本海南部、東シナ海南シナ海北部に広く分布し、内湾や河口の汽水域に群れで生息する。大規模な回遊は行わず、一生を通して生息域を大きく変えることはない。

形態・生態[編集]

成魚は全長25cmほどで、体は木の葉のように左右に平たい。口先は丸く口は小さい。背中側は青緑色で腹側は銀白色をしている。体の上半分には小さな黒い斑点が点線状にたくさん並び、鰓蓋の後に大きな黒い斑点が一つある。また、背びれの最後の軟条が糸状に長く伸びるのが特徴で、生息域が重なるサッパなどと区別できる。

春から秋には内湾でも塩分濃度が低い河口域に棲み、冬には湾口部の比較的深部に移動して越冬する[1]。群になって表中層を活発に泳ぎ廻る同じニシン目のニシンイワシほど大きな回遊はせず、有機物の多い内湾での定着性が比較的強い魚である[1]

プランクトン食性で、プランクトンを水ごと吸いこみ、鰓耙(さいは)でプランクトンを濾しとって食べる。産卵期は春で、夕方に直径1.5mmほどの浮遊卵を産卵する。

日本語の呼称[編集]

古くはツナシと言い、大伴家持の古歌に「都奈之」として登場する。成長段階に応じて呼び名が変わる、いわゆる出世魚の一つである。関東地方では4cm-5cmまでの幼魚をシンコ、7cm-10cmぐらいはコハダ、13cm程度はナカズミ、15cm以上はコノシロとなる。その他の地域での若魚の名前として、ツナシ(関西地方)、ハビロ(佐賀県)、ドロクイ、ジャコ(高知県)などがある。

コノシロの由来[編集]

『慈元抄』では、コノシロの名称は戦国期ごろ「ツナシ」に代わり広まったという。大漁に獲れたために下魚扱いされ、「飯の代わりにする魚」の意から「飯代魚(このしろ)」と呼ばれたと伝わる[注 1][2]。また『慈元抄』や『物類称呼』には、出産児の健康を祈って地中に埋める風習から「児(こ)の代(しろ)」と云うとある。当て字でコノシロを幼子の代役の意味で「児の代」、娘の代役の意味で「娘の代」と書くことがある[2]。コノシロは出産時などに子供の健康を祈って、地中に埋める習慣があった[2]。また焼くと臭いがきついために、以下のような伝承も伝わっている[3]

むかし下野国の長者に美しい一人娘がいた。常陸国国司がこれを見初めて結婚を申し出た。しかし娘には恋人がいた。そこで娘思いの親は、「娘は病死した」と国司に偽り、代わりに魚をに入れ、使者の前で火葬してみせた。その時棺に入れたのが、焼くと人体が焦げるような匂いがするといわれたツナシで、使者たちは娘が本当に死んだと納得し国へ帰り去った。それから後、子どもの身代わりとなったツナシはコノシロ(子の代)と呼ばれるようになった。

また『塵塚談』には、「武士は決して食せざりしものなり、コノシロは『この城』を食うというひびきを忌(いみ)てなり」とあり、また料理する際に腹側から切り開くため、「腹切魚」と呼ばれ、武家には忌み嫌われた[4]江戸時代幕府によりコノシロは禁止されていたが、寿司にすると旨いため、コハダと偽って江戸の庶民は食した[2]。その一方で、日本の正月にはおせち)に「コハダの粟漬け」が残っており、縁起の良い魚としても扱われている[2]

コノシロの漢字は、コノシロが秋祭の「鮓」の材料として広く使われたことから魚偏に祭とした。また冬という字を使って「鮗」とも書く[1]

食用[編集]

コハダの握り寿司

沿岸漁業の定置網刺し網地引き網などで漁獲されるが、サビキ釣りでも釣れることがある。最も漁獲量が多いのは伊勢湾地域で、瀬戸内海西部がこれに次ぎ、九州中部がこれに次ぐ[5]有明海沿岸域では1990年代後半頃から漁獲量が減っている。

日本[編集]

との相性がよく、シンコやコハダを酢〆にしたものはいわゆる「光もの」の代表であり、江戸前寿司には欠かせない寿司種として不動の需要がある。利用はほとんど寿司種に限定され、寿司に適さない成魚は子魚よりも商品価値が低く、小さいほど価格が高いという珍しい魚で、特に関東地方でこの傾向が強い。東京ではシンコの初物には、1kg当たり数万円という高値がつく[2]。小型で身が薄く上手に捌くことが難しいうえ、酢や塩の加減で風味が大きく変化することから、寿司職人の技量を計る魚とも呼ばれる。寿司種以外でも酢に漬けて加工されたものが一般的で、いわゆる粟漬けもコノシロの酢漬けである。また刺身などで食べる際は酢味噌が用いられることが多い。

江戸前寿司ではシンコの出回り始める夏から秋が旬とされるが、脂が乗るのはむしろ冬季で、正月料理として粟漬けがあり、また有明海八代海沿岸では背開きしたコノシロに酢飯を詰めた姿寿司がほぼ1年中食べられている[6][7]。また煮干しにされることもあり、上品な旨味の強い出汁がとれるが流通は局所的。

家庭消費用や加熱用としてはほとんど流通していない。成魚は塩焼き唐揚げなどにもされるが、焼くと「死人を焼く臭いに似る」ともいう臭気がする上、小骨が多く傷みが早いこともあり、漁獲地周辺の流通にとどまり、むしろ多くが飼料や肥料に加工されている。

韓国[編集]

コノシロを「ジョノ(錢魚/전어)」といい、よく食される[2]韓国では成長過程で名前が変わらないので、コハダもコノシロも「ジョノ」である。釜山から南西部の旧盆(9月下旬)には欠かせぬ食材である[2]。刺身、塩焼き、塩辛に料理する[2]。ことわざに「ジョノを焼く臭いにつられて、家出した嫁も家に戻ってくる」というものがあり、故郷の味とされる[2]。毎年9月下旬には魚の需要(特に刺身)が高まり、値段が数倍になる[2]。日本からもこの需要期に韓国へ輸出される[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これは、古くは「飯」のことを「コ」や「コオ」といい、また、雑炊に入れる煮付けや鮓(すし)の上にのせる魚肉なども「コ」や「コオ」といったところから[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d コノシロ - 日本の旬・魚のお話”. 神港魚類株式会社. 2015年4月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l メルマガお魚よもやま情報<2007年10月号:まはぜ>株式会社進航会 2013-3-25閲覧
  3. ^ 大神神社(室の八島)について 「このしろといふ魚を禁ず」とは
  4. ^ 中江克己『お江戸の武士の意外な生活事情 衣食住から趣味・仕事まで』PHP研究所, 2005年, p.60
  5. ^ 漁獲量資料から見た日本産コノシロの長期変動
  6. ^ このしろ姿寿司”. 霧島酒造株式会社. 2015年4月23日閲覧。
  7. ^ 第185回 大分県ご当地グルメ(その4) ほっぺたにカボスが当たって大痛けん。”. 日経新聞 (2014年7月18日). 2015年4月23日閲覧。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細