前島 (沖縄県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
前島
Maeshima Okinawa ISS045.jpg
所在地 日本の旗 日本沖縄県島尻郡渡嘉敷村
所在海域 東シナ海
所属諸島 慶良間諸島
座標 北緯26度12分40秒
東経127度26分47秒
座標: 北緯26度12分40秒 東経127度26分47秒
面積 1.59 km²
海岸線長 7.0 km
最高標高 133 m
前島 (沖縄県)の位置(沖縄諸島内)
前島 (沖縄県)
前島 (沖縄県)の位置(南西諸島内)
前島 (沖縄県)
前島 (沖縄県)の位置(日本内)
前島 (沖縄県)
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
前島
前島の航空写真左下が北、右上が南にあたる。

前島(まえしま[1]、まえじま[2][3])は、沖縄県島尻郡渡嘉敷村に属する慶良間諸島である。

概要[編集]

渡嘉敷島の東約7kmに位置する南北に細長い島である[4]

方言では「メージマ」と呼ばれる[2]。また、慶良間諸島の玄関口にあたるため「メーゲラマ」(前慶良間)とも呼ばれる。北に位置するハテ島及び中島を含む3島の総称として用いられることもある[3]

2017年(平成29年)1月1日時点での住民基本台帳による人口は2人[1]2019年(令和元年)10月時点の実際の住民は1人[5]

定期航路はないが、釣りダイビングなどのスポットとして有名であり、訪れる人は今もなお多い。全島及び周辺海域が慶良間諸島国立公園に指定されている[6]

歴史[編集]

第二次世界大戦以前は慶良間薪の製造やカツオ漁が盛んであり、200人ほどの住民がいた[4]

第二次世界大戦における沖縄戦では当時の渡嘉敷国民学校の分校長が「兵隊がいなければ敵も攻撃しない」と考え日本軍の駐屯を拒絶し、日本軍側がこれを受け入れたとされる。また、米軍による攻撃の被害が少なかったのは日本軍が駐屯していなかったからとされる[7]。この出来事は無防備地域宣言運動全国ネットワークによって、無防備の成功例として取り上げられていた[注 1]

戦後には、南洋群島からの引き上げ等で人口が一時約380人に増加[5]開拓が進み、簡易水道などのインフラも整備されていった[4]。しかし、カツオ漁が衰退すると島から移住する者が増え[2]1962年(昭和37年)に発生した台風の被害によって、残った住民36名全員が沖縄本島に集団移住して無人島となった[4]

無人の状態は長く続いたが、1980年(昭和55年)から再び人が居住するようになった[2]1992年(平成4年)頃に再度無人化したが[4]、その後、数世帯の島出身者が住民登録しており[3]2003年(平成15年)からは実際に居住している者もいる[5]

2000年(平成12年)頃から、航空自衛隊那覇基地により年100回以上の訓練が行われていた。那覇基地は永久承諾を受けているとして、村に通知することなく訓練を行っていたが、2018年(平成30年)12月に、承諾を受けていたのはヘリポートの使用のみであり、その他の陸海域での訓練は無許可で行われていたことが明らかになった[10][11][12][13][14][15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 例えば、同ネットワークが運営するブログで連載され、2006年に単行本が発売された『無防備マンが行く!』では、無防備であった前島が取り上げられている[8][9]

出典[編集]

  1. ^ a b 第1 指定離島・島しょ・人口 (PDF)”. 離島関係資料(平成30年1月). 沖縄県企画部地域・離島課 (2012年8月29日). 2019年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d 角川日本地名大辞典編纂委員会 (1986-07-08). “前島”. 角川日本地名大辞典 47 沖縄県. 角川書店. p. 637. 
  3. ^ a b c 前島 離島紹介”. DOR39(沖縄県ディスカバー沖縄しま観光振興事業). 2019年11月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『日本の島ガイド SHIMADAS 第2版』財団法人日本離島センター、2004年、1209頁。
  5. ^ a b c “住民たった1人の島に多数の不発弾 戦時中の沈没船から漁師が回収、そのままに 住民「撤去してほしい」”. 琉球新報. (2019年10月29日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1016560.html 2019年10月29日閲覧。 
  6. ^ 慶良間諸島国立公園の指定の概要 (PDF)”. 環境省 (2014年3月5日). 2019年11月2日閲覧。
  7. ^ レファレンス事例詳細 沖縄戦時に沖縄の離島で、校長先生が日本軍にお願いして撤退してもらったため、被害が少なかった事について”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館 (2014年11月14日). 2019年11月2日閲覧。
  8. ^ 06.無防備地域だったから救われた前島”. まんが『無防備マン』が行く!. 同時代社. 2019年11月2日閲覧。
  9. ^ “埼玉の中3生、修学旅行で「集団自決」地に 「平和」努力を決意”. 琉球新報. (2007年7月5日). オリジナルの2007年9月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070912114359/http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-25208-storytopic-7.html 
  10. ^ “空自、通知せず島で年100回訓練 渡嘉敷村「聞いていない」 「永久承諾」主張、文書は不明”. 琉球新報. (2018年12月9日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-846199.html 
  11. ^ “「永久承諾」の取り決めあった? 空自が訓練で使用する島 渡嘉敷村は困惑「認識ない」”. 沖縄タイムス. (2018年12月11日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/357563 
  12. ^ “前島訓練 ヘリポート限定 航空自衛隊「永久承諾」 拡大解釈し全域使用”. 琉球新報. (2018年12月27日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-854542.html 
  13. ^ “空自、無許可訓練認める 「永久承諾」と誤解 渡嘉敷村前島で2000年以前から”. 沖縄タイムス. (2018年12月27日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/364700 
  14. ^ “航空自衛隊の訓練「再開を」 沖縄・渡嘉敷村長が方針「訓練は国民全体に必要」”. 琉球新報. (2019年7月1日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-946222.html 
  15. ^ “「自衛隊の訓練 受け入れるべきだ」 急患空輸など踏まえ、渡嘉敷村長”. 沖縄タイムス. (2019年7月2日). https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/440298 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]