入砂島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
入砂島
Irisuna Island Aerial photograph.jpg
1977年撮影。(国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
所在地 日本の旗 日本沖縄県島尻郡渡名喜村
所在海域 東シナ海
所属諸島 沖縄諸島
座標 北緯26度23分08秒
東経127度06分09秒
座標: 北緯26度23分08秒 東経127度06分09秒
面積 0.26 km²
海岸線長 1.96 km
最高標高 32.0 m
入砂島の位置(沖縄諸島内)
入砂島
入砂島の位置(南西諸島内)
入砂島
入砂島の位置(日本内)
入砂島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

入砂島(いりすなじま)は、沖縄県島尻郡渡名喜村に属する無人島で、出砂島(いですなじま)ともいわれる[1][2][3]

地理[編集]

渡名喜島の北西約3kmに位置し、面積0.26km2[4]、周囲1.96km、標高32.0mの円形で低平な島である[1]。島南端に北西から南東方向に伸びる長さ約450mの陵丘と、北側に状の低地が約500m四方にわたって広がる[2]中生代基盤岩から構成され[3]、南端の陵丘部は中生代の緑色岩、北側の海岸低地は完新世沖積層となる[2]。島北側に砂浜が形成され[3]、周囲にビーチロックが発達している[2]

歴史[編集]

東恩納寛惇の『南島風土記』には「てそな」、『正保国絵図』に「戸無島(渡名喜島)之内出砂しま」、『琉球国由来記』には「離レ出砂」と記載されている[3]。また国土地理院発行の2万5千分の1の地図では「入砂島」と表記されているが、20万分の1では「出砂島」となっている[5]

貝塚時代からグスク時代にかけての遺跡が残存し、その時代における土器カムィヤキ15世紀頃の青磁が出土している。入砂島頂上部に位置する4つの御嶽は渡名喜住民の聖地として崇められている。また初穂のを供物として捧げる麦穂祭で「イベの火神」へ祭祀を行った根神3人を祀っている。戦前の1933年に入砂島の農地開墾が始まり、渡名喜村民により耕作された[1][2]

1945年4月米軍により入砂島全域が接収され、1954年10月に射爆撃場に指定された。管理はアメリカ空軍が行っているが、海軍海兵隊日本復帰後の1975年には航空自衛隊も共同訓練に参加している。入砂島の周辺海域は、アオサノリの収穫場であるため、訓練が実施されない日曜日に入砂島の上陸が許可される[6][7]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「入砂島」、『角川日本地名大辞典』(1991年)、p.174
  2. ^ a b c d e 「入砂島」、『日本歴史地名大系』(2002年)、p.572上段
  3. ^ a b c d 中山満「入砂島」、『沖繩大百科事典 上巻』(1983年)、p.251
  4. ^ 「2.島しょ」、『平成27年1月 離島関係資料』(2015年)、p.8
  5. ^ 大木(2002年)、p.50
  6. ^ 「出砂島射爆撃場」、『日本歴史地名大系』(2002年)、p.572中段
  7. ^ 長元朝浩「入砂島射爆撃場」、『沖繩大百科事典 上巻』(1983年)、p.251

参考文献[編集]

  • 沖縄県企画部地域・離島課編 『平成27年1月 離島関係資料』 沖縄県企画部地域・離島課、2015年。
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編 『角川日本地名大辞典 47.沖縄県』 角川書店、1991年。ISBN 4-04-001470-7
  • 沖繩大百科事典刊行事務局編 『沖繩大百科事典沖縄タイムス社、1983年。全国書誌番号:84009086
  • 平凡社地方資料センター編 『日本歴史地名大系第四八巻 沖縄県の地名』 平凡社、2002年。ISBN 4-582-49048-4
  • 大木隆志 『海と島の景観散歩 沖縄地図紀行』 ボーダーインク、2002年。ISBN 4-89982-027-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]