安田ヶ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安田ヶ島
Adaka Island.jpg
1977年撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 日本の旗 日本沖縄県国頭郡国頭村
所在海域 太平洋[1]
所属諸島 沖縄諸島[2]
座標 北緯26度44分48秒
東経128度19分58秒
座標: 北緯26度44分48秒 東経128度19分58秒
面積 0.08 km²
海岸線長 1.18 km
最高標高 28 m
安田ヶ島の位置(沖縄本島内)
安田ヶ島
安田ヶ島の位置(南西諸島内)
安田ヶ島
安田ヶ島の位置(日本内)
安田ヶ島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

安田ヶ島(あだかじま[3][4]、あだがしま[5])は、沖縄県国頭郡国頭村に属する無人島である[4]

地理[編集]

沖縄本島北部の東海岸、国頭村安田(あだ)地区の北東約500mの沖合に位置する[4]。面積0.08km2[6]、周囲1.18km、標高28mの海岸段丘の島で[3]、安田ヶ島は太平洋フィリピン海)と東シナ海との境界線上にある[7]基盤岩は、古第三紀砂岩を主体とする嘉陽層で構成されている[8]。基盤岩の上に砂礫が堆積しているが[3]、島中央部は基盤岩が露出している[8]。沖側に緩やかに傾斜し、海岸部にも基盤岩が露出していることから、波蝕で島は平坦化されたと考えられる[9]。海岸は砂浜が形成され、島周囲の海域には「はらさき(はらさち)の環礁」、「伊部干瀬(いぶひし)」と呼ばれるサンゴ礁が発達している[3]。数万年前に沖縄本島から切り離された半島が、その後周囲にサンゴ礁が発達し、今日の安田ヶ島が形成されたと思われる[9]1899年明治32年)まではマツ[3]、戦前はクバが自生していた[10]2016年9月15日、安田ヶ島は「やんばる国立公園」の第3種特別地域に指定された[11]

歴史[編集]

安田ヶ島は方言で「アラハ」と呼ばれ[3]、沖縄の古地名の根源となる言葉で、「アラ」は海と関わりをもち、「ハ」は空間を表す接尾辞とされる[5]バジル・ホールマシュー・ペリーの著書にはそれぞれ「シドマス岬 (Point Sidmouth)」、「シドマス諸島 (Sidmouth Islands)」と表記されている[3]。島周辺の海域にはサンゴ礁が広がっているため、過去には船舶の座礁が多発していた[3]。実際に1794年乾隆59年)に「唐船」(実際の船員は朝鮮人10人)が漂着、その後中国に送還された[12]。また1853年咸豊3年)にはペリー来航の際には艦載艇が寄港している[5]1968年昭和43年)に本島側に灯台が設置され[10][13]、沖縄本島のほぼ最東端に位置している[9]明治時代までは周辺住民の拝所で、戦前には畑地も存在していた[3]。戦後は釣りの名所として釣り人が集まり[10]、また小中学生がカヤックで海を渡り、無人島キャンプを行っている[5]

出典[編集]

  1. ^ 「安田ヶ島」、『日本の島事典』(1995年)、p.361
  2. ^ 「安田ヶ島」、『島嶼大事典』(1991年)、p.17
  3. ^ a b c d e f g h i 「安田ヶ島」、『角川日本地名大辞典』(1991年)、p.113
  4. ^ a b c 中山満「安田カ島」、『沖縄大百科事典 上巻』(1983年)、p.59
  5. ^ a b c d 「安田ヶ島」、『SHIMADAS 第2版』(2004年)、p.1175
  6. ^ 「2.島しょ」、『平成27年1月 離島関係資料』(2015年)、p.7
  7. ^ 「東シナ海と太平洋の境」、「海の相談室」Q&A集”. 第十一管区海上保安本部. 2013年10月31日閲覧。
  8. ^ a b 中山満「安田カ島」、『沖縄大百科事典 上巻』(1983年)、p.60
  9. ^ a b c 「アダカ島」、目崎(1988年)、p.12
  10. ^ a b c 「安田ヶ島」、『角川日本地名大辞典』(1991年)、p.114
  11. ^ やんばる国立公園 指定書及び公園計画書”. 環境省. p. 49 (2016年9月15日). 2017年4月21日閲覧。
  12. ^ 「安田村」、『日本歴史地名大系』(2002年)、p.486上段
  13. ^ 小橋川春武「安田」、『沖縄大百科事典 上巻』(1983年)、p.59
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 沖縄県企画部地域・離島課編 『平成27年1月 離島関係資料』 沖縄県企画部地域・離島課、2015年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編 『沖縄大百科事典沖縄タイムス社、1983年。全国書誌番号:84009086
  • 角川日本地名大辞典編纂委員会編 『角川日本地名大辞典 47.沖縄県』 角川書店、1991年。ISBN 4-04-001470-7
  • 財団法人日本離島センター編 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス) 第2版』 財団法人日本離島センター、2004年。ISBN 4-931230-22-9
  • 菅田正昭編著、財団法人日本離島センター監修 『日本の島事典』 三交社、1995年。ISBN 4-87919-554-5
  • 日外アソシエーツ株式会社編 『島嶼大事典』 日外アソシエーツ、1991年。ISBN 4-8169-1113-8
  • 平凡社地方資料センター編 『日本歴史地名大系第四八巻 沖縄県の地名』 平凡社、2002年。ISBN 4-582-49048-4
  • 目崎茂和 『南島の地形 - 沖縄の風景を読む -』 沖縄出版、1988年。ISBN 4-900668-09-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]