オーハ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーハ島
Kumejima.jpg
左が久米島で、右がはての浜。その接点付近にある2つの島のうち、はての浜側がオーハ島
座標 北緯26度20分24秒
東経126度50分23秒
座標: 北緯26度20分24秒 東経126度50分23秒
面積 0.37 km²
海岸線長 2.7 km
最高標高 8 m
所在海域 東シナ海
所属諸島 沖縄諸島
所属国・地域 日本の旗 日本沖縄県島尻郡久米島町
テンプレートを表示

オーハ島(オーハじま)は沖縄県島尻郡久米島町に属するで、東奥武(あがりおう)島とも呼ばれる[1][2]

地理[編集]

奥武島の東400mに位置し、面積0.37km2周囲2.7km[3]の島である。島の東側には、はての浜(スカイホリデーリーフ)と呼ばれる全長7kmの細長い砂州があり、観光スポットとなっている[4]

歴史[編集]

明治時代末期に渡名喜島から2家族が入植し、1960年(昭和35年)は134人が住んでいたが、この年以降からは沖縄本島への転出が相次ぎ、2003年頃には3世帯5人にまで減少し、2011年には人口1人となっていたが[4]、2016年8月現在では2世帯7人が人口調査帳簿上に登録されている[5]。過去にサトウキビの生産などが行われていた。

交通[編集]

隣の奥武島との間にが結ばれていない。定期便はないが、久米島の泊漁港からチャーター船を運航している[4]。大潮の干潮のときには砂浜が現れるため奥武島から10分程で歩いて渡ることができ、住民は満潮時でも竹馬で渡っていた。現在は船を通すため一部を深堀にしており、流れが速く危ない箇所は通ることが出来なくなっている[6]。奥武島との海峡は、狭いところで200m程度であり、後述の市橋も奥武島に泳いで渡って真水を調達していた[7]

特記事項[編集]

  • オーハ島やナカノ浜の沖合には、琉球王国の進貢船、大陸や東南アジアを結んだ交易船などの残骸が沈んでおり[2]、海底調査では青磁器白磁器の他、大型の木製アンカー碇石などが引き上げられている[2]。2011年にはオーハ島で南西諸島初の水中文化遺産見学会が開催されている[8]
  • この島には水源がなく[7]、水道は奥武島からの海底送水。

脚注[編集]

  1. ^ 沖縄のしまじま
  2. ^ a b c 沖縄の海に眠る文化遺産が一堂に 県立博物館・美術館で18日まで特別展/2015年01月06日 朝日新聞 西部地方版/福岡 26頁 福岡全県 写図有 (全584字)
  3. ^ 島の基礎データ
  4. ^ a b c Wonder沖縄[リンク切れ]
  5. ^ 久米島町 行政区別人口調査 H28年8月 2016年9月10日閲覧
  6. ^ オーハ島(東奥武)に渡ったさぁ~”. 【沖縄病】 (2008年7月24日). 2011年11月23日閲覧。
  7. ^ a b 市橋達也『逮捕されるまで ―空白の2年7カ月の記録』 幻冬舎 2011年1月 ISBN 9784344019416
  8. ^ 文化遺産活用を片桐さんが講演/久米島 沖縄タイムズ] 2014年03月12日 朝刊 31頁 地方 (全141字)

参考文献[編集]

  • 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』第2版、2004年7月、財団法人日本離島センター、ISBN 4931230229
  • 『忘れ島』早稲田大学川口芸術学校 富野要太、3年間のオーハ島の記録ドキュメンタリー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]