ニホンヤモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニホンヤモリ
Gekko japonicus.JPG
ニホンヤモリ Gekko japonicus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : ヤモリ下目 Gekkota
: ヤモリ科 Gekkonidae
亜科 : ヤモリ亜科 Gekkoninae
: ヤモリ属 Gekko
: ニホンヤモリ G. japonicus
学名
Gekko japonicus
Duméril & Bibron, 1836
和名
ニホンヤモリ
英名
Schlegel's Japanese gecko

ニホンヤモリ(日本守宮、Gekko japonicus)は、爬虫綱有鱗目ヤモリ科ヤモリ属に分類されるトカゲの一種。単にヤモリと呼ばれることもある。

分布[編集]

中国東部、日本秋田県以南の本州四国九州対馬)、朝鮮半島に分布する[1]

江戸時代に来日したシーボルトが新種として報告したため、種小名japonicus(「日本の」の意)が付けられているが、ユーラシア大陸からの外来種と考えられており、日本固有種ではない。日本に定着した時期については不明だが、平安時代以降と思われる[2]。日本の複数の都道府県レッドリスト(準絶滅危惧、情報不足など)の指定を受けている[3][4]

なお、以前は琉球列島にも産するとされてきたが、それらは現在では別種であると考えられている。

形態[編集]

全長10-14センチメートル。体色は灰色や褐色で、不鮮明な暗色の斑紋が入る。環境に応じて体色の濃淡を変化させることができる。全身が細かい鱗に覆われるが背面にはやや大型の鱗が散在する。尾は基部に2-4対の大型のイボ状の鱗があり、自切と再生を行うことができる。体は扁平で壁の隙間等の狭い場所にも潜りこむことができる。

四肢には指ごとに1対の趾下薄板が発達し、壁面にも張りついて活動することができる。

生態[編集]

主に民家やその周辺に生息する。都市部では個体数が多く郊外では少なくなり、少なくとも日本では原生林には生息しない。食性は動物食で、昆虫クモワラジムシなどの陸生の節足動物を食べている。天敵は猫等の哺乳類の他、鳥類ヘビをはじめとする爬虫類である。夜行性で、昼間は壁の隙間等で休む。獲物目当てに灯火の周りに現れることが多く、驚くと壁の隙間等の狭い場所へ逃げ込む。トカゲカナヘビ同様、驚いたり敵に捕まりそうになると尾を自切することがある。切れた尾は分離後10分程度くねくねと動いたり跳ねたりする等非常に複雑な動きをする。尾は再生されるものの完全に元の状態に戻るわけではなく、元の尾と再生尾とでは視認できる程度の違いがある。冬になると壁の隙間や縁の下等で冬眠する。

繁殖形態は卵生で、5月から9月にかけて1-3回に分けて1度に2個ずつの粘着質に覆われた卵を木や壁面に産みつける。卵は1ヶ月半から2ヶ月程度で孵化する。

人間との関係[編集]

生息地では人間に身近な存在で、人家内外の害虫を捕食することから家を守るとされ、漢字では「守宮」(あるいは「家守」)と書かれよく似た名のイモリ(井守)とともに古くから親しまれていたことが窺える。人間に対しては臆病で攻撃性が低く、能動的な咬害や食害を与えることもないため、有益な動物である。縁起物として大切にする風習もあるが、逆に民家に侵入する不快生物として扱う人々も存在する。

捕まえる際は傷つきやすいため布をかぶせた棒などで追いこみ、捕虫網等へ落とす。手で掴むと噛みつくことがあるが、小型種の上に骨格が頑丈とはいえず、人間に噛みつくと逆に顎の骨を折る可能性がある。

ペットとして飼育されることもあり、ペットショップで販売されることもある。また爬虫類食の動物に対し餌として用いられることもある。テラリウムで飼育される。枝や樹皮を立てかけて隠れ家にする。水分は壁面に霧吹きをして与えるが、体温を奪う可能性があるため水は冷えたものを使わず生体に直接かけるのは避けた方が良い。水容器からは基本的に水を飲まないが、脱皮前には水容器に漬かることもある。基本的に生きた虫類だけを食べるため、本種の飼育にあたっては生餌を常に用意する必要がある。

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑3 動物』 学習研究社1984年、140頁。
  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』 ピーシーズ、2002年、314頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生・はちゅう類』 小学館2004年、91頁。

脚注[編集]

  1. ^ ニホンヤモリ”. 侵入生物DB. 国立環境研究所. 2013年9月14日閲覧。
  2. ^ “ニホンヤモリ 実は外来種か”. NHK. (2012年5月17日). オリジナル2012年5月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120520083101/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120517/k10015182611000.html 
  3. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ニホンヤモリ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年7月3日閲覧。
  4. ^ 埼玉県レッドデータブック2008 動物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 109 (2008年). 2012年7月3日閲覧。

関連項目[編集]