疋田努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

疋田 努(ひきだ つとむ、1951年 - )は、日本動物学者。京都大学名誉教授。主に爬虫両生類学の分野で広く活動している。日本爬虫両棲類学会の会長・標準和名委員会委員長を務める[1]

略歴[編集]

大分県臼杵市にて1951年に生まれる。1974年京都大学理学部生物系を卒業。1979年京都大学理学研究科博士課程を単位取得退学[2]。同年から1995年まで京都大学理学研究科生物科学専攻助手[3]。その後助教授・教授を経て2016年に退官。

人物[編集]

子供の頃から自然に親しんだ生活を送り、小動物や昆虫採集をしていた。学部生時代は生態学的研究を行い、卒業論文はアカネズミの歯による年齢査定だった。大学院進学の際に専攻を爬虫類の系統学に変更。その後、爬虫類の系統学分類学生物地理学の研究を行う[4]

著作[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本爬虫両棲類学会
  2. ^ 疋田努 『爬虫類の進化』 東京大学出版会 2002 ISBN 4-13-060179-2 p235
  3. ^ researchmap
  4. ^ PHP人名辞典