平羅橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平羅橋
Heirabashi.jpg
大崎下島側より撮影
基本情報
所在地 広島県呉市
大崎下島 - 平羅島[1]
交差物件 瀬戸内海(牛渡瀬戸)[1]
座標 北緯34度11分31.0秒 東経132度50分57.4秒 / 北緯34.191944度 東経132.849278度 / 34.191944; 132.849278
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

平羅橋 (へいらばし)は、日本の本州安芸灘諸島を8つの橋で結ぶ安芸灘諸島連絡架橋のうち、大崎下島平羅島を繋ぐ道路橋である。

概要[編集]

HEIRABASHI20151231.jpg

1995年(平成7年)8月1日開通[1]。県の大崎下島地区広域営農団地農道整備事業つまり大崎下島広域農道として整備された農道橋であり、完成後に呉市に移管したものである[1][2]

安芸灘諸島連絡架橋のうち、本土側から5番目にあたることから「安芸灘5号橋」とも呼ばれる[1]。その8橋のうち一番小さい橋であり、唯一のコンクリート橋である[1]

構造[編集]

諸元[編集]

  • 橋種 : 単径間PC片吊り斜張橋[1]
  • 橋長 : 98.5m[1]
  • 最大支間長 : 97.9m[1]
  • 主塔高 : 45.0m[1]
  • 幅員 : 車道5.5m、歩道1.5m[1]
  • 航路限界 : 4.5m - 5.6m[1]

特徴[編集]

この海峡は狭く、通航する船舶も漁船など小型船に限られたため海面との桁下高さを5m程度と低く設定されたことにより、鋼橋では波浪による防錆つまり塩害対策で維持管理費が増大する可能性が出てきたことから、経済性でコンクリート橋が採用された[1][3]。更に、航路確保のため中間に橋脚を置かない長大橋が考えられ、大崎下島側が広島県道355号大崎下島循環線との交点であることから視界確保も重要視された[3]

そこでプレストレスト・コンクリートによる斜張橋、平羅島側のみ主塔がある片吊り型と呼ばれるものに決定した[3]。施工は平羅島側からの張出架設となり、現場打ちではなくプレキャストブロック工法が採用された[3]。この工法によるPC斜張橋は日本初施工例となり、大幅な工期短縮を達成し、同時期に竣工した大芝大橋とともにPC斜張橋における技術的向上に貢献した橋でもある[1][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 平羅橋(へいらばし)”. 広島県. 2014年7月11日閲覧。
  2. ^ 農林整備課の主な事業”. 呉市. 2014年7月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e 胡信弘、南山剛「平羅橋の施工-PC斜張橋ブロック張出工法- (PDF) 」 、『コンクリート工学』第33巻第5号、日本コンクリート工学協会1995年5月1日、 34-42頁、2014年7月11日閲覧。
  4. ^ 大芝大橋(おおしばおおはし)”. 広島県. 2014年7月11日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]