広島県道74号下蒲刈川尻線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道74号標識
広島県道74号 下蒲刈川尻線
主要地方道 下蒲刈川尻線
路線延長 9.4 km
制定年 1990年
起点 広島県呉市下蒲刈町大地蔵【地図
終点 広島県呉市川尻町小仁方【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道288号標識
広島県道288号見戸代大地蔵線
Japanese National Route Sign 0185.svg 国道185号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

広島県道74号下蒲刈川尻線(ひろしまけんどう74ごう しもかまがりかわじりせん)は、広島県呉市を通る県道主要地方道)である。

概要[編集]

安芸灘諸島連絡架橋の1号橋である安芸灘大橋(有料)を含む。

下蒲刈島の東側を回る路線。小地蔵から起点の大地蔵までは、峠越えの1.5車線区間となる。近年[いつ?]、海岸沿いに2車線の市道も整備された。

途中の三之瀬地区には、全国でも珍しい石畳舗装区間を有する。

路線データ[編集]

  • 起点:呉市下蒲刈町大地蔵
  • 終点:呉市川尻町小仁方(国道185号交点)
  • 総延長:9.387 km(本線:5.919 km、別線:0.829 km、安芸灘大橋有料道路区間:2.639 km)[1]
  • 実延長:総延長に同じ

歴史[編集]

地理[編集]

安芸灘大橋 2005年4月22日

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

下蒲刈町三之瀬地区の石畳舗装区間(松濤園付近)

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 広島県、「広島県の道路現況について」より
  2. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]