大芝大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大芝大橋
Ohshiba Bridge in Higashi Hiroshima.jpg
基本情報
所在地 広島県東広島市
安芸津町小松原 - 安芸津町大芝西
交差物件 瀬戸内海
座標 北緯34度16分36.0秒 東経132度47分24.2秒 / 北緯34.276667度 東経132.790056度 / 34.276667; 132.790056座標: 北緯34度16分36.0秒 東経132度47分24.2秒 / 北緯34.276667度 東経132.790056度 / 34.276667; 132.790056
地図
大芝大橋の位置(広島県内)
大芝大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

大芝大橋(おおしばおおはし)は、広島県東広島市(旧豊田郡安芸津町)にある、本州と大芝島とを結ぶ道路橋である。

概要[編集]

1993年着工、1997年10月開通[1]。総事業費33億円[1]。県農林の補助事業「大芝地区農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業」により整備された農道橋であり、現在は東広島市が管理している[2]

国道185号途中のT字路を曲がると見えてくる。海面から約18.0メートル上を通る[3]。離合箇所が2つある車道幅員4.0メートルと狭いこともあり大型車は通行不可[1][3]

構造[編集]

諸元[編集]

  • 路線名:農道小松原大芝線[2]
  • 総橋長:470メートル[2]
  • 最大支間長:210メートル[2]
  • 幅員:5.0メートル(車道4.0メートル)[2]
  • 主径間橋種:2面吊ハープ型PC斜張橋[2]
  • 主塔高 : 65.14m(本土側)、70.81m(島側)[2]
  • 航路限界 : 18m[2]
  • 設計 : 長大[4]
  • 施工 : 三井住友建設[5]

特徴[編集]

1997年土木学会田中賞作品部門受賞。PCによる斜張橋であり、この橋種としては2014年現在全国9番目の長さになる[2]

架橋は高強度コンクリートを用いたプレキャストセグメント工法を用いており、この工法のPC斜長橋としては日本最長の支間長である[2][4]。基礎工には多柱式基礎を用い、下部工には工期短縮のためプレキャスト型枠を用いている[4]

同時期に竣工した平羅橋とともにPC斜張橋における技術的向上に貢献した橋でもある[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 念願の大芝大橋が開通”. 広島県. 2014年7月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 大芝大橋(おおしばおおはし)”. 広島県. 2014年7月10日閲覧。
  3. ^ a b 大芝大橋”. 呉海上保安部. 2014年7月10日閲覧。
  4. ^ a b c 大芝大橋”. 長大. 2014年7月10日閲覧。
  5. ^ PC斜張橋”. 三井住友建設. 2014年7月10日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]