佐世保市総合医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 地方独立行政法人佐世保市総合医療センター
The Sasebo municipal hospital.JPG 佐世保市総合医療センターを佐世保川よりのぞむ(2008年4月)
情報
前身 市立実費診療所
佐世保市立北病院
佐世保市立市民病院
佐世保市立総合病院
標榜診療科 内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科、精神科、小児科、外科、整形外科、皮膚科、ひ尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、歯科、麻酔科、リハビリテーション科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科
許可病床数

594床
一般病床:570床


感染症病床:4床


結核病床:20床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 地方独立行政法人佐世保市総合医療センター
管理者 澄川耕二(院長)
開設年月日 1946年4月
所在地
857-8511
長崎県佐世保市平瀬町9番地3
位置 北緯33度10分22秒 東経129度42分58秒 / 北緯33.17278度 東経129.71611度 / 33.17278; 129.71611
二次医療圏 佐世保県北
PJ 医療機関
テンプレートを表示

地方独立行政法人佐世保市総合医療センター(ちほうどくりつぎょうせいほうじんさせぼしそうごういりょうせんたー)は、長崎県佐世保市平瀬町にある医療機関。地方独立行政法人が開設する病院である。市内では単に「総合病院」といえば当院を指した呼び方であることが多い。

佐世保市のみならず長崎県北部において基幹的役割を担っている拠点病院であり、いずれも市内では唯一の感染症病床・結核病床を擁している。

2016年(平成28年)4月1日より佐世保市立総合病院から経営形態を変更し、地方独立行政法人へ移行[1]

沿革[編集]

  • 1920年(大正9年)6月 梅田町の市立長田病院内に市立実費診療所を開設。
  • 1939年(昭和14年)4月 実費診療所を市立市民病院に改組。市立長田病院は厚生病院と改称し伝染病対応施設となる。
  • 1946年(昭和21年)4月 島地町の旧海仁会病院を買収して佐世保市立市民病院を開院。それまでの市民病院は市民病院北分院となる。
  • 1949年(昭和24年)3月 市民病院北分院を佐世保北市民病院に改組。
  • 1950年(昭和25年)4月 佐世保北市民病院を佐世保市保健所附属診療所に改組。
  • 1953年(昭和28年)3月 保健所附属診療所を佐世保市立療養所北病院に改組。
  • 1972年(昭和47年)4月 佐世保市民病院と北病院を統合、佐世保市立総合病院になる。
  • 1988年(昭和63年)3月 現在地にて新病院の建設工事を着工。
  • 1990年(平成2年)3月 新築移転(6日に落成式挙行、19日に患者移送、22日開院)。新病院に感染病床新設されたため市立厚生病院を同月限りで廃院。
  • 2000年(平成12年)10月 外来者用駐車場を増設。
  • 2002年(平成14年)4月 電子カルテシステムを全面的に導入。
  • 2007年(平成19年)4月 地方公営企業法の全部適用、公営企業会計に移行。
  • 2012年(平成24年)4月 救命救急センターの設置。
  • 2016年(平成28年)4月 地方独立行政法人佐世保市総合医療センターへ移行。

指定・認定[編集]

現況[編集]

  • 病床数 - 594床(一般570、結核20、感染症4)
  • 診療科目
    • 内科
    • 呼吸器科
    • 消化器科
    • 循環器科
    • 神経内科
    • 精神科(休診中)
    • 小児科
    • 外科
    • 整形外科
    • 形成外科
    • 皮膚科
    • 泌尿器科
    • 産婦人科
    • 眼科
    • 耳鼻咽喉科
    • リハビリテーション科
    • 放射線科
    • 麻酔科
    • 歯科
    • 脳神経外科
    • 心臓血管外科
    • 救急集中治療科
  • 離島診療所 - 3ヶ所(高島・黒島・宇久)

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地方独立行政法人移行へ向けて|佐世保市立総合病院 http://www.hospital.sasebo.nagasaki.jp/doppo/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]