沢田一精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沢田 一精(さわだ いっせい、1921年10月6日 - 2016年3月4日)は、日本政治家熊本県知事参議院議員を務めた。

来歴・人物[編集]

熊本県下益城郡小川町(後の宇城市)出身。熊本中学校(後の熊本県立熊本高等学校)、旧制第七高校を経て京都大学を卒業し、経済企画庁に入庁。熊本県の総務部長や副知事を務めた後、松野鶴平の死去を受けた1962年参議院議員選挙熊本県選挙区から自民党所属で出馬し、初当選。再選後の1968年には大蔵政務次官に就任した。

その後、前任の寺本広作に代わり自民党の公認を得て1971年から熊本県知事に転身し、水俣病の患者認定問題などに取り組んだ。知事を3期務めて4選を目指したが、細川護煕との自民党公認争いに敗れて出馬を断念。1983年7月に再び参議院議員選挙で当選し、中曽根派に属した。

1989年には浦田勝岩崎八男に自民党の公認争いで敗れたため、離党届を提出し無所属で出馬し、両者を下して当選。1991年2月22日に復党し、三塚派に入会。1995年4月29日には勲一等旭日大綬章を受章。妻の病気などを理由に同年の選挙に出馬せず、議員を引退した。その後、1996年の総選挙で惨敗して引責辞任した北里達之助の後を受け、1997年7月2日から2000年9月13日まで自民党熊本県連の会長を務めた。

2016年3月4日に膵臓癌のため死去。94歳没[1]。叙従三位[2]

先代:
北里達之助
自民党熊本県県連会長
第8代
次代:
木村仁

出典[編集]

  1. ^ 沢田一精さん死去 元熊本県知事、元参院議員 朝日新聞 2016年3月4日閲覧
  2. ^ 平成28年4月7日