阿曽田清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿曽田 清(あそだ きよし、1946年10月20日 - )は日本の政治家。元参議院議員、元熊本県宇城市長。

来歴[編集]

熊本県宇城市三角町出身、熊本県立宇土高等学校卒、東京農業大学農学部農業工学科卒。熊本県議会議員を経て、1995年の第17回参議院議員通常選挙で、熊本県選挙区から新進党公認で初当選。新進党解党後は自由党に所属。

任期途中の2000年、熊本県知事選挙に出馬するも、潮谷義子前知事に惜敗。その後、2005年に平成の大合併で宇城市が誕生したことに伴い実施された、熊本県宇城市長選挙に出馬し当選した。

2008年、2期目をかけた熊本県宇城市長選挙で、新人の篠崎鉄男に惜敗。

参考文献[編集]