田口健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田口 健二(たぐち けんじ、1930年9月20日 - 2006年1月18日)は、日本の政治家。元社会民主党衆議院議員

関東州(現中国大連市出身、長崎県育ち。長崎県立大村高等学校卒業。

大村市役所、自治労委員長を経て、1986年第38回衆議院議員総選挙旧長崎1区から日本社会党公認で立候補し、初当選。連続当選3回。1996年10月、社民党を離党して新たに結成された民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙長崎1区から立候補したが、落選。65歳で引退した。

2006年1月18日、敗血症のため長崎県大村市内の病院で死去。75歳没。