赤松範一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤松範一

赤松 範一(あかまつ のりかず[1] / はんいち[2]明治3年1月15日1870年2月15日)[2] - 1945年昭和20年)7月25日[1])は、日本の実業家政治家貴族院議員、男爵民俗学にも造詣が深かった。

経歴[編集]

1870年、元幕臣赤松則良の長男として生まれる[2]同人社に学び後実業界、政界において活躍する。

父の隠居に伴い、1917年10月30日、家督を相続し男爵を襲爵する[2]1918年7月、貴族院男爵議員に選出され公正会に所属し死去するまで在任した[1]

その他、東京製綱(株)専務取締役、台湾繊維、阪川牛乳店(株)社長、東京針金工業、八幡伸鉄各(株)取締役、小島印刷、三宝商事各(株)監査役等歴任。

範一の死後、長男の則良は襲爵手続をしなかった[3]

親族[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』61頁。
  2. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、14頁。
  3. ^ 『華族:近代日本貴族の虚像と実像』343頁。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
赤松則良
男爵
赤松(則良)家第2代
1917年 - 1945年
次代:
華族制度廃止