福島繁三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福島繁三

福島 繁三(ふくしま しげぞう、1888年明治21年)10月[1] - 1939年昭和14年)8月29日[2])は、日本の内務警察官僚。官選埼玉県知事。旧姓・阿久津。

経歴[編集]

栃木県大田原町(現大田原市)出身[2]。阿久津脩斎の二男として生まれ、福島ソノと結婚して改姓[1]第一高等学校を卒業。1913年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1914年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。1915年内務省に入省し北海道庁属となる[1][3]

以後、宮城県加美郡長、鹿児島県学務部長、長野県学務部長、京都府書記官・学務部長、滋賀県書記官・警察部長、香川県書記官・警察部長、青森県内務部長、秋田県書記官・内務部長などを歴任[1]

1932年6月、埼玉県知事に就任。1933年6月、依願して退官した[1][3]。その後、修養園理事を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』319頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1939年9月1日夕刊、2面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』206頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。