中山信彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山信彬

中山 信彬(なかやま のぶよし[1] / のぶあき[2]1842年11月17日(天保13年10月15日) - 1884年明治17年)2月17日[3])は、幕末佐賀藩士、明治期の官僚実業家。官選兵庫県知事

経歴[編集]

王政復古後、堺県大参事に就任[2]。明治3年10月8日1870年11月30日)、兵庫県知事に転任[2]。明治4年10月23日1871年12月5日)に知事を退任[2]。翌月、岩倉使節団岩倉具視大使随行として日本を出発し、アメリカ合衆国ヨーロッパを歴訪[1]

帰国後、外務省五等出仕となる。以後、外務権大丞、兼二等法制官を務めた。退官後、1878年7月19日、大阪株式取引所頭取に就任した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『海を越えた日本人名事典』新訂増補、511頁。
  2. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』694頁。
  3. ^ a b 『明治過去帳』新訂初版、186頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 富田仁編『海を越えた日本人名事典』新訂増補、日外アソシエーツ、2005年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。