樺山資英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樺山資英

樺山 資英(かばやま すけひで、明治元年11月19日1869年1月1日) - 昭和16年(1941年3月19日[1])は、日本の官僚政治家貴族院議員

経歴[編集]

栄典[編集]

家族[編集]

なお西南戦争で薩軍の干城隊の指揮長だった陸軍大尉の阿多壮五郎を兄とするのは誤り。資英の兄・武熊は5歳で夭折している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本近現代人物履歴事典』160頁。
  2. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。

外部リンク[編集]


公職
先代:
宮田光雄
日本の旗 内閣書記官長
第24代:1923 - 1924
次代:
小橋一太