寿原英太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寿原 英太郎(すはら えいたろう、1882年明治15年)8月27日[1] - 1957年昭和32年)6月17日[2])は、日本実業家政治家衆議院議員小樽市長

経歴[編集]

北海道出身。富山県出身の寿原猪之吉の長男として生まれる[3]1906年東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業[2]。小間物洋品商を始め、1921年、寿原商事を設立し社長に就任[3]。その他、共成 、寿原産業、北洋無尽の各社長、小樽商工会議所議員、小樽市会議員などを務めた[2]

1932年2月、第18回衆議院議員総選挙に北海道第一区から立憲政友会所属で出馬し当選し、衆議院議員を一期務めた[2]

1947年4月、公選初代の小樽市長に就任し、一期在任し1951年4月に退任。戦後の復興に尽力し、1949年、開港五十年記念「港まつり」を開催した[4]

1956年小樽市博物館が開館すると多くの蔵書、資料を寄贈するなど、小樽の文化振興にも尽くした[4]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第六十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1935年、33頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』325頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、ス9頁。
  4. ^ a b 『日本の歴代市長』第1巻、62頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。