板谷宮吉 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2代板谷 宮吉(いたや みやきち、1885年明治18年)5月16日[1] - 1962年昭和37年)12月22日[2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員小樽市長。旧名・真吉[1]

経歴[編集]

北海道出身。実業家、初代・宮吉の長男として生まれる[3]1909年早稲田大学商科を卒業[1]

1912年、板谷商船取締役に就任[3]1924年、先代の死去により家督を相続して2代・宮吉を襲名し、板谷商船社長、樺太銀行頭取に就任[1][4]。その他、板谷生命保険社長、 (株) 十合呉服店会長、北海貯蓄銀行頭取、尾張時計監査役、黒姫汽船 (資) 代表社員、肥料調査委員会委員、北海道拓殖計画調査会委員などを務めた[2]

1926年6月25日、貴族院多額納税者議員に就任し[5]1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]。また、1933年12月11日、小樽市長に就任し、1937年12月10日まで在任[4]。港湾施設の整備、朝里川上水道工事の実施、失業事業の拡充、競技場の設置、開道70周年記念大博覧会の開催などの施策を推進し、小樽市の振興に大きく貢献した[4]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『北海道人物・人材情報リスト 2015』第1巻、8頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』187頁。
  3. ^ a b 『47都道府県別 日本の地方財閥』26-27頁。
  4. ^ a b c 『日本の歴代市長』第1巻、61頁。
  5. ^ 『官報』第4152号、大正15年6月26日。
  6. ^ 人事興信所編『人事興信録』第14版 上巻、1943年、イ192-193頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 菊地浩之『47都道府県別 日本の地方財閥』平凡社〈平凡社新書〉、2014年。
  • 『北海道人物・人材情報リスト 2015』第1巻、日外アソシエーツ、2014年。