志村和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

志村 和雄(しむら かずお、1920年2月22日 - 2014年1月5日[1])は、日本政治家実業家北海道小樽市出身。1943年北海道帝国大学農学部水産学科卒。地方公務員を経て、1975年から1987年まで北海道小樽市長を務めた。

経歴[編集]

1943年に日本化成工業に入社。まもなく徴兵され、終戦によって復員1951年小樽市役所に入る。1967年同市役所助役を8年務める。その後、小樽市役所を辞め、1975年小樽市長選に立候補し初当選。以後連続3期。1987年勇退。その後、小樽開発埠頭社長を務める。

2014年1月5日に老衰で死去。93歳没。

受賞歴[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:志村和雄さん93歳=元北海道小樽市長 毎日新聞 2014年1月6日閲覧