2017年静岡県知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2017年静岡県知事選挙
静岡県
2013年 ←
2017年6月25日 (2017-06-25)
→ 2021年

投票率 46.44%
  静岡県 知事 川勝平太.jpg Noriko Mizoguchi cropped 1 Toshiaki Endo and Noriko Mizoguchi 20150820.jpg
候補者 川勝平太 溝口紀子
政党 無所属 無所属
得票数 833,389 563,316
得票率 59.67% 40.33%

2017年静岡県知事選挙.svg


選挙前知事

川勝平太
無所属

選出知事

川勝平太
無所属

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

2017年静岡県知事選挙(2017ねんしずおかけんちじせんきょ)は、日本地方自治体である静岡県の執行機関である静岡県知事を選出するために執行される選挙で、2017年6月25日に投開票が行われた[1]

概要[編集]

現職の川勝平太(現在2期目)の任期満了に伴う選挙。

6月8日に告示され、無所属で現職・川勝と無所属新人で1992年バルセロナ五輪の柔道銀メダリスト・溝口紀子の2名による一騎打ちとなった[2]

この選挙は、改正された公職選挙法において、選挙権が20歳から18歳に引き下げられてから、初めての県知事選となる。

選挙データ[編集]

  • 選挙事由:任期満了
  • 告示日:2017年6月8日
  • 執行日:2017年6月25日
  • 広報キャラクター:内田篤人(サッカー選手・静岡県田方郡函南町出身)[3]

同日選挙[編集]

  • 静岡県議会議員補欠選挙(伊東市選挙区・富士市選挙区)

選挙の争点[編集]

  • 川勝県政・2期8年の評価[4]

立候補者[編集]

(届け出順)

氏名 年齢 党派 肩書
溝口紀子
(みぞぐち のりこ)
45 無所属 柔道選手
静岡文化芸術大学教授
川勝平太
(かわかつ へいた)
68 無所属 静岡県知事(現職)
元静岡芸術大学学長

立候補が取り沙汰された人物[編集]

  • 宮沢正美 - 静岡県議会議員(三島市選出)、自由民主党静岡県連幹事長
    • 出馬の意向を示し、県連として推薦する意向が報じられていたが[5]、県連役員からの反対を受け断念[6]

タイムライン[編集]

2017年
  • 4月25日 - 現職の川勝が定例会見で3選へ向け立候補を表明[7]
  • 5月1日 - 溝口が会見で立候補を表明[8]

政党・団体の対応[編集]

  • 自由民主党静岡県連は宮沢の擁立を検討していたが見送り自主投票とした。一方、県内の一部の党支部は溝口を推薦した[9]
  • 公明党はいずれの候補からの推薦依頼がなかったため、自主投票とした[10]
  • 民進党静岡県連は現職の川勝を支援した[11]
  • 日本共産党は候補者擁立を見送り自主投票とした[12]

選挙結果[編集]

各候補の得票率(得票数の多かった順)

  川勝平太 (59.67%)
  溝口紀子 (40.33%)

6月25日、投票が行われ即日開票の結果、現職の川勝平太が新人の溝口紀子を退け、3回目の当選を決めた[13]。投票率は、46.44%[14]


※当日有権者数:3,060,965人 最終投票率:46.44%(前回比:-3.05pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
川勝平太68無所属833,389票59.67%連合静岡推薦
溝口紀子45無所属563,316票40.33%
市町別開票結果[15]
市町 川勝平太 溝口紀子
得票 % 得票 %
合計 833,389 59.67% 563,316 40.33%
静岡市葵区 41,736 45.12% 50,767 54.88%
静岡市駿河区 33,304 47.00% 37,562 53.00%
静岡市清水区 47,840 54.15% 40,512 45.85%
浜松市中区 50,194 59.45% 34,237 40.55%
浜松市東区 28,708 61.55% 17,934 38.45%
浜松市西区 28,995 63.18% 16,899 36.82%
浜松市南区 23,584 62.88% 13,920 37.12%
浜松市北区 22,655 60.74% 14,646 39.26%
浜松市浜北区 22,678 60.81% 14,615 39.19%
浜松市天竜区 9,567 62.25% 5,801 37.75%
沼津市 38,845 61.80% 24,008 38.20%
熱海市 6,712 61.39% 4,222 38.61%
三島市 25,650 65.77% 13,351 34.23%
富士宮市 31,809 67.24% 15,497 32.76%
伊東市 18,406 65.04% 9,892 34.96%
島田市 25,062 61.80% 15,492 38.20%
富士市 55,107 63.29% 31,960 36.71%
磐田市 36,833 55.26% 29,825 44.74%
焼津市 31,161 58.46% 22,140 41.54%
掛川市 29,087 60.32% 19,132 39.68%
藤枝市 35,004 60.03% 23,307 39.97%
御殿場市 18,887 63.40% 10,901 36.60%
袋井市 18,932 57.40% 14,053 42.60%
下田市 6,800 72.88% 2,531 27.12%
裾野市 12,953 65.06% 6,956 34.94%
湖西市 17,270 66.13% 8,844 33.87%
伊豆市 8,702 63.49% 5,005 36.51%
御前崎市 8,163 56.70% 6,233 43.30%
菊川市 13,704 66.13% 7,018 33.87%
伊豆の国市 11,375 65.21% 6,068 34.79%
牧之原市 12,785 63.56% 7,331 36.44%
東伊豆町 3,103 60.91% 1,991 39.09%
河津町 2,208 67.26% 1,075 32.74%
南伊豆町 3,017 70.49% 1,263 29.51%
松崎町 2,561 69.07% 1,147 30.93%
西伊豆町 2,620 62.38% 1,580 37.62%
函南町 8,510 64.72% 4,639 35.28%
清水町 6,961 62.79% 4,125 37.21%
長泉町 10,840 68.48% 4,990 31.52%
小山町 4,984 64.04% 2,799 35.96%
吉田町 7,790 64.65% 4,260 35.35%
川根本町 2,691 63.57% 1,542 36.43%
森町 5,596 63.29% 3,246 36.71%

出典[編集]

  1. ^ 第19回静岡県知事選挙等の選挙期日等 静岡県選挙管理委員会
  2. ^ 溝口、川勝氏 現新対決、舌戦火ぶた 静岡県知事選 静岡新聞・SBS
  3. ^ 内田篤人が静岡県知事選挙の広報キャラクターに就任、“ウッチーわ”配布 サッカーキング
  4. ^ 静岡知事選、現新2氏の争いに…25日に投開票讀賣新聞 2017年6月8日
  5. ^ “宮沢県連幹事長擁立へ 自民県連、あすにも推薦”. 中日新聞. (2017年5月1日). https://www.chunichi.co.jp/article/78919 2022年9月23日閲覧。 
  6. ^ “宮沢幹事長が出馬断念 自民県連、独自候補立てず”. 中日新聞. (2017年5月3日). https://www.chunichi.co.jp/article/78935 2022年9月23日閲覧。 
  7. ^ 川勝知事が出馬表明 「投票率50%割れば辞職」撤回:中日新聞しずおかWeb” (日本語). 中日新聞Web. 2022年9月22日閲覧。
  8. ^ 溝口氏が正式出馬表明:中日新聞しずおかWeb” (日本語). 中日新聞Web. 2022年9月22日閲覧。
  9. ^ “「自主投票」名ばかり 自民支部、溝口氏推薦も温度差 共産は川勝氏か”. 中日新聞. (2017年5月29日). https://www.chunichi.co.jp/article/78979 2022年9月23日閲覧。 
  10. ^ “公明は自主投票へ”. 中日新聞. (2017年5月17日). https://www.chunichi.co.jp/article/78947 2022年9月23日閲覧。 
  11. ^ “川勝知事支援をあらためて確認 民進党県連幹事会”. 中日新聞. (2017年5月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/78923 2022年9月23日閲覧。 
  12. ^ “共産 候補擁立を断念 川勝氏と溝口氏一騎打ちか”. 中日新聞. (2017年5月25日). https://www.chunichi.co.jp/article/78966 2022年9月23日閲覧。 
  13. ^ 静岡県知事選 現職の川勝氏 3回目の当選NHK
  14. ^ 静岡県知事選 投票率46.44%静岡新聞・SBS
  15. ^ 99_知事開確