2017年仙台市長選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2017年仙台市長選挙

2013年 ←
2017年7月23日 (2017-07-23)
→ 2021年

投票率 44.52%
  宮城県仙台市 市長 郡和子.jpg Replace this image JA.svg Replace this image JA.svg
候補者 郡和子 菅原裕典 林宙紀
政党 無所属 無所属 無所属
得票数 165,452 148,993 61,647
得票率 42.97% 38.70% 16.01%
推薦 民進党
社会民主党
自由民主党
公明党
日本のこころ




  Replace this image JA.svg
候補者 大久保三代
政党 無所属
得票数 8,924
得票率 2.32%
推薦

選挙前市長

奥山恵美子
無所属

選出市長

郡和子
無所属

2017年仙台市長選挙(2017ねんせんだいしちょうせんきょ)は、日本地方自治体政令指定都市である仙台市の執行機関である仙台市長を選出するために行われた選挙。2017年7月23日に投開票が行われた[1]

概要[編集]

奥山恵美子市長の2期目の任期満了に伴う選挙。現職の奥山が任期限りでの引退を決め[2]、新人4氏の戦いとなった。前々回から約15%も下がって過去最低の投票率になった奥山市長への信任選挙だった前回の市長選挙[3]に対して今回は現職(立候補表明時点)の衆議院議員を含め、国政経験者3人を含む激しい選挙戦となった。

主な争点[編集]

各候補者の動き[編集]

2017年4月7日に現職の奥山恵美子が3選出馬しない意向を周囲に伝えたと報道された[2]

5月1日には他候補に先んじて元自民党衆議院議員の大久保三代が正式に出馬表明[7]。無所属で立候補する考えを示した。

5月に地元葬儀屋社長・菅原が地元の若手経営者の一部からの要請を受けて出馬の意向を表明。同月26日に正式に立候補を表明し[8]宮城県村井嘉浩知事もすぐに菅原支援を表明した[9]

民進党は衆議院議員で地元・東北放送の元アナウンサーである郡和子の擁立を軸に調整を進めてきたが、立候補を模索していた元衆議院議員で同党県連副代表の林宙紀が5月26日に離党届を提出、無所属で出馬表明する意向を報道陣に伝えた[10]。林は6月1日に市役所で記者会見を開き出馬を正式表明した[11]

6月3日には、民進党宮城県連が候補者として郡を擁立することを内定[12]、7日には市民団体「私たちの市長を選ぶ仙台市民の会」の開いた集会の後、報道陣に対し「(立候補を)前向きに検討する」と発言[13]仙台市議会副議長の安孫子雅浩ら民進党会派に所属する3名は、党の方針に反して菅原を支援し、選挙後共産党との野党共闘に納得できないとして離党した[14]

6月末に、奥山市長は奥山市政の継承を表明した郡候補ではなく、市の財政事情を踏まえて対立候補の菅原の支持を表明した。奥山市政を継承するという郡の支持を決めた共産党が奥山自身に対しては「これ以上、市政のかじ取り役を任せるわけにはいかない」、「市民に冷たい奥山市政を転換させる」など当選後の殆どを費やした復興での実績を無視して批判だけしてきた変節のために支援しないとする考えも明らかにした[15]

業界・各団体の動き[編集]

市医師会の政治団体・市医師連盟(会員414人)は7月5日、菅原、郡、林の3候補からの推薦要請にいずれも応える形で推薦状を出す異例の方針を決定した[16]

立候補者[編集]

候補者名
(読みかた)
年齢 党派 肩書 公式サイト
林宙紀
(はやし ひろき)
39 無所属 元衆議院議員
農業コンサルタント[17]
TOKYOMXニュースキャスター
仙台市長選挙候補 林ひろき(林宙紀) オフィシャルウェブサイト
郡和子
(こおり かずこ)
60 無所属[注 1] 衆議院議員
団体役員[17]
東北放送アナウンサー
郡和子公式ホームページ
菅原裕典
(すがわら ひろのり)
57 無所属[注 2] 冠婚葬祭業「清月記」社長[20] 菅原ひろのり公式ホームページ
大久保三代
(おおくぼ みよ)
40 無所属 元衆議院議員
主婦[17]
NHK北九州放送局キャスター
大久保三代オフィシャルブログ

届出順[17]、年齢は告示日時点。

出馬を取りやめた人物[編集]

  • 梅原克彦 - 元仙台市長(第32代)・国際教養大学教授
    • 出馬に意欲を示したが、自民党が菅原の擁立を正式決定したことなどを受け「保守サイドの分裂を避けるため」として6月初旬に出馬を断念した[21]
  • 伊藤優太 - 仙台市議会議員(青葉区選出)
    • 市内の福祉・医療分野の若手経営者らから出馬要請を受けたが「今の職責に向き合いたい」として最終的に断念した[22]

選挙結果[編集]

2017年仙台市長選挙投票先

  郡和子 (42.97%)
  菅原裕典 (38.70%)
  林宙紀 (16.01%)
  大久保三代 (2.32%)

選挙戦は、自民・公明の連立与党と日本のこころが支持する菅原と、民進・共産・社民・自由の野党4党が支持・支援する郡の与野党対決の構図が中心となったが、投開票の結果、2016年執行の第24回参議院議員通常選挙宮城県選挙区と同様[23]に野党が支援した前衆議院議員・郡が連立与党支援の葬儀屋社長・菅原らを退けて勝利した[24]。民進党の桜井充参院議員は、「仙台市長選は、党の執行部が頑張ったという結果と違う。すみませんが『応援に入りたい』といわれたのもお断りした」と述べている[25]。一方、落選した菅原は自民・公明の支持を受けたものの、国政自民党の相次ぐ疑惑や不祥事が足を引っ張る形となり敗戦[26]。なお、当選した郡と次点の菅原との票差は約2万票、惜敗率約90%の接戦となった。


※当日有権者数:873,635人 最終投票率:44.52%(前回比:+14.41pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
郡和子60無所属165,452票42.97%民進党宮城県連・社会民主党支持
菅原裕典57無所属148,993票38.70%自由民主党宮城県連・公明党宮城県本部・日本のこころ支持
林宙紀39無所属61,647票16.01%
大久保三代40無所属8,924票2.32%
区別開票結果[27]
郡和子 菅原裕典 林宙紀 大久保三代
得票 % 得票 % 得票 % 得票 %
合計 165,452 42.97% 148,993 38.70% 61,647 16.01% 8,924 2.32%
青葉区 46,163 42.58% 42,613 39.31% 17,040 15.72% 2,588 2.39%
宮城野区 25,549 40.88% 25,598 40.95% 9,820 15.71% 1,538 2.46%
若林区 19,765 42.14% 18,059 38.50% 7,995 17.05% 1,083 2.31%
太白区 38,786 46.47% 29,466 35.31% 13,408 16.06% 1,801 2.16%
泉区 35,189 42.02% 33,257 39.71% 13,384 15.98% 1,914 2.29%

注釈・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 民進党県連支持[18]社民党県連支持・共産党県委員会支援・自由党支援[19]、学者や弁護士らでつくる政治団体「希望あふれる仙台をつくる市民の会」が支援
  2. ^ 自民党県連支持・公明党県連支持・日本のこころ支持[6]

出典[編集]

  1. ^ 平成29年7月23日執行 仙台市長選挙について”. 仙台市市選挙管理委員会事務局選挙管理課. 2017年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月28日閲覧。
  2. ^ a b “奥山恵美子仙台市長が引退へ”. 河北新報. (2017年4月7日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170407_11062.html 2017年7月9日閲覧。 
  3. ^ “仙台市長に奥山氏が再選 投票率過去最低”. 日本経済新聞. (2013年8月12日). http://www.freezepage.com/1448596228THQWAYPVPW 2017年7月23日閲覧。 
  4. ^ “仙台市長選9日告示 人口減や教育問題争点に”. 日本経済新聞. (2017年7月8日). https://r.nikkei.com/article/DGXLZO18614820X00C17A7L01000 2017年7月9日閲覧。 
  5. ^ “仙台市長選 「争点」は!?”. FNNローカル. (2017年7月7日). http://www.fnn-news.com/localtime/miyagi/detail.html?id=FNNL00051953 2017年7月9日閲覧。 
  6. ^ a b “きょう告示 経済活性など争点に 行革、保育、防災も /宮城”. 毎日新聞. (2017年7月9日). https://mainichi.jp/articles/20170709/ddl/k04/010/266000c 2017年7月9日閲覧。 
  7. ^ “<仙台市長選>立候補の意向 大久保氏表明”. 河北新報. (2017年5月2日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170502_11021.html 2017年7月9日閲覧。 
  8. ^ “<仙台市長選>清月記社長の菅原氏が出馬表明”. 河北新報. (2017年5月26日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170526_11049.html 2017年7月9日閲覧。 
  9. ^ “仙台市長選9日告示 県都の「顔」、新人4氏挑む”. 産経新聞. (2017年7月8日). https://www.sankei.com/article/20170708-VQDBNQK7EBORDLKVZZFDB45QTI/ 2017年7月9日閲覧。 
  10. ^ “<仙台市長選>林氏、出馬に向け離党届”. 河北新報. (2017年5月27日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170527_11020.html 2017年7月9日閲覧。 
  11. ^ “仙台市長選 元衆院議員・林氏が立候補表明「150万人都市に」 /宮城”. (2017年6月2日). https://mainichi.jp/articles/20170602/ddl/k04/010/533000c 2017年7月9日閲覧。 
  12. ^ “<仙台市長選>郡氏内定「満場一致で決めた」”. 河北新報. (2017年7月4日). http://www.kahoku.co.jp/special/spe1187/20170614_30.html 2017年7月9日閲覧。 
  13. ^ “<仙台市長選>郡氏「出馬前向きに検討」”. 河北新報. (2017年6月14日). http://www.kahoku.co.jp/special/spe1187/20170614_38.html 2017年7月9日閲覧。 
  14. ^ <仙台市長選>市議会副議長 民進の安孫子氏が党県連に離党届 野党共闘納得できず河北新報 2017年07月27日
  15. ^ “<仙台市長選>奥山氏、共産の市政批判に不満”. 河北新報. (2017年6月28日). http://www.kahoku.co.jp/special/spe1187/20170628_04.html 2017年7月9日閲覧。 
  16. ^ “<仙台市長選>大本命不在 業界・団体は様子見”. 河北新報. (2017年7月7日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170707_11005.html 2017年7月9日閲覧。 
  17. ^ a b c d H29市長選立候補届出受理簿 (PDF, 95.2KB) - 仙台市>市政情報>選挙お知らせ>平成29年7月23日執行 仙台市長選挙について
  18. ^ “民進、郡氏支持を決定 県連、選対本部長に新里氏 /宮城”. 毎日新聞. (2017年6月20日). https://mainichi.jp/articles/20170620/ddl/k04/010/071000c 2017年7月9日閲覧。 
  19. ^ 仙台市長選挙において新人の郡和子氏の支援を決定 - 自由党 > 活動報告 > 党活動
  20. ^ 株式会社清月記 菅原裕典 - 日本の社長.tv
  21. ^ “<仙台市長選>梅原氏が立候補断念”. 河北新報. (2017年6月7日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201706/20170607_11039.html 2017年7月9日閲覧。 
  22. ^ 仙台市長選挙に関する報道について|仙台市議会議員伊藤ゆうた
  23. ^ [1]
  24. ^ [2]
  25. ^ 民進党、崩壊前夜の様相 桜井充参院議員「離党を含め考える」 相次ぐ執行部批判、離党予備軍に動きも 産経新聞 2017年7月25日
  26. ^ 仙台市長に郡氏 菅原氏ら3氏破る 河北新報 2017年7月24日
  27. ^ 平成29年仙台市長選挙開票結果(PDF)