中村又一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村又一
中村又一

中村 又一(なかむら またいち、1890年明治23年)10月1日[1] - 1971年昭和46年)2月22日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党日本進歩党民主党)、司法参与官弁護士

経歴[編集]

佐賀県藤津郡古枝村(現在の鹿島市)出身[3]日本大学で学んだ後、1914年大正3年)から翌年にかけて臨時陸軍輜重輸卒として日独戦争に従軍し、金鵄勲章を得た[4]1916年(大正5年)、三菱鉱業唐津鉱業所に入り、やがて台湾製糖に移った[4]。そのかたわら1919年大正8年)に明治大学法学部を卒業[1]1923年(大正12年)に弁理士試験に合格し、さらに翌年には弁護士試験に合格して開業した[1]。その後、東京市会議員、同参事会員に選出された[3]。その他、日本弁護士協会理事、明治大学評議員、大日本殊勲軍人会会長[3]、麻布区教育会会長などを務めた[2]

1936年(昭和11年)、第19回衆議院議員総選挙に出馬し当選を果たした。

戦後は第22回衆議院議員総選挙から3回連続当選を果たし、第1次吉田内閣で司法参与官を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『大衆人事録』
  2. ^ a b c 『政治家人名事典』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ a b 『最新業界人事盛衰録』

参考文献[編集]

  • 通俗経済社編 『最新業界人事盛衰録』通俗経済社、1931年。 
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十一年十二月』衆議院事務局、1936年。 
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第12版』帝国秘密探偵社、1937年。 
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。