館林三喜男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

館林 三喜男(たてばやし みきお、1904年1月25日[1] - 1976年10月22日)は、日本政治家内務官僚実業家自由民主党衆議院議員(4期)。

経歴[編集]

佐賀県西松浦郡有田町出身。1928年東京帝国大学法学部政治学科卒。内務省に入り、群馬県警察部長、東京都教育局長、佐賀県副知事内閣総理大臣秘書官[2]などを歴任する。

公職追放を経て[3]、追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙佐賀県全県区から無所属立候補して当選した(その後所属は改進党日本民主党→自由民主党)。第2次池田内閣経済企画第3次池田内閣農林の各政務次官を務めた。
1967年第31回衆議院議員総選挙で落選した。その後、リコー社長日経連理事佐賀テレビ会長などを務めた。1976年10月22日、死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』372頁。
  2. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』26頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』267頁。

参考文献[編集]