恒松安夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

恒松 安夫(つねまつ やすお、1899年3月18日 - 1963年5月20日)は、日本の政治家・歴史学者。島根県知事(2期)。 島根県安濃郡(現・大田市)出身。政治家・恒松隆慶の孫。慶應義塾大学文学部史学科卒。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 近代西洋史 三笠書房、1941 
  • アメリカ史総説 三笠書房、1941 

翻訳[編集]

  • 米国近世政治経済史 シー・エー・ビャード 磯部甲陽堂 1925

参考文献[編集]

  • 山陰新報社編『島根縣人名鑑』(1953年)180頁
  • 伊藤菊之輔『島根県人名事典』(1970年)40頁
  • 山陰中央新報社・島根県歴史人物事典刊行委員会編『島根県歴史人物事典』(1997年)375~376頁(中村和平)