金刺不二太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金刺 不二太郎(かなさし ふじたろう、1895年5月18日 - 1980年1月4日)は、日本政治家川崎市(7期)。全国市長会会長(4期)。

経歴[編集]

現在の神奈川県川崎市出身。東京工科学校卒。川崎市議、同議長、神奈川県議を経て、1946年第22回衆議院議員総選挙に立候補するが落選[1]、同年8月川崎市長に就任した。以来7期務める。市長在職中は全国市長会会長を4期、自治庁参与、日本水道協会理事、日本万国博覧会協会理事などを歴任した。1971年の市長選でも8期目を目指したが、多選批判や大気汚染などの公害悪化が争点となり、革新系で元市労組委員長の伊藤三郎に敗れた。1980年死去。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙」143頁 日本国政調査会編 国政出版室 1977年

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。