金属類回収令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金属類回収令
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和16年8月30日勅令第835号
効力 廃止
種類 行政法
主な内容 必要な金属資源の不足を補うためとられた政策
関連法令 国家総動員法など
条文リンク 国立国会図書館デジタル化資料
テンプレートを表示

金属類回収令(きんぞくるいかいしゅうれい、昭和18年8月12日勅令第667号)は日中戦争から太平洋戦争にかけて戦局の悪化と物資(武器生産に必要な金属資源)の不足を補うため、官民所有の金属類回収を行う目的で制定された日本の勅令

1941年(昭和16年)に公布され(昭和16年8月30日勅令第835号)、その後1943年(昭和18年)に全面改正された(昭和18年8月12日勅令第667号)。また、1945年(昭和20年)に回収対象にアルミニウムを追加する改正が行われた(昭和20年2月10日勅令第62号)。

この勅令は内地では1941年(昭和16年)9月1日より、外地朝鮮台湾樺太南洋群島では同年10月1日より施行された。

1945年(昭和20年)10月19日閣議において「戦時法令の整理に関する件」が決定され、廃止された[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞1945年10月20日朝刊1面「四十九件を廃止 義勇兵役法等の戦時法令」。
  2. ^ 「工場事業場管理令等廃止ノ件(昭和20年10月24日勅令第601号)」非改正法令一覧国立国会図書館日本法令索引

関連項目[編集]

外部リンク[編集]