武田五一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけだ ごいち
武田 五一
武田五一.jpg
生誕 1872年12月15日
(旧暦明治5年11月15日
日本の旗 日本 小田県
(現・広島県福山市
死没 (1938-02-05) 1938年2月5日(満65歳没)
日本の旗 日本 京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 名和昆虫博物館
求道会館
東方文化学院京都研究所

武田 五一(たけだ ごいち、明治5年11月15日1872年12月15日) - 1938年昭和13年)2月5日)は、日本の建築家・建築学者。

評価[編集]

備後福山藩(現・広島県福山市)出身。「関西建築界の父」とも言われる日本の建築家。ヨーロッパ留学で影響を受けたアール・ヌーボーセセッションなど、新しいデザインを日本に紹介した建築家とも言われる。建築以外にも工芸図案・テキスタイルデザインなども手掛けた。自身の作品のみならず、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)図案科や京都帝国大学(現・京都大学)に工学部建築学科を創立し向井寛三郎など多くの後進を育成した[1]。また、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部)の設立にも関与[2]。この他「新建築」創刊も指導した[3][4]フランク・ロイド・ライトとも親交があり、国会議事堂建設をはじめ多くのプロジェクトに関与している[5]法隆寺平等院などの古建築修復にも関わりが深い。

年譜[編集]

  • 1872年(明治5年)元備後福山藩士で司法官の家に出生
  • 1897年(明治30年)東京帝国大学工科大学卒業。大学院に進学
  • 1900年(明治33年)大学院を中退し、東大助教授就任
  • 1901年(明治34年)文部省より命ぜられ図案研究のためヨーロッパ留学(1903年まで)
  • 1903年(明治36年)帰国、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)教授
  • 1908年(明治41年)大蔵省臨時建築部技師を兼任。議院建築のため欧米視察
  • 1915年(大正4年)工学博士[6]
  • 1916年(大正5年)法隆寺壁画保存法調査委員
  • 1918年(大正7年)名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)校長
  • 1920年(大正9年)京都帝国大学建築学科教授(1932年まで)
  • 1938年(昭和13年)逝去、享年67

栄典[編集]

主な作品[編集]

1907年 名和昆虫博物館(岐阜市)
1907年 求道会館
1919年 昆虫碑(岐阜市)
1921年 五龍閣(京都市)
1933年 大阪市営地下鉄シンボルマーク
1937年 関西電力京都支店

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 卒業作品の紹介 - 京都大学工学部 建築学科
  2. ^ 『神戸大学百年史 通史I 前身校史』神戸大学百年史編集委員会、2002年、391頁
  3. ^ 新建築新建築社、2010年1月号11頁
  4. ^ 新建築
  5. ^ 人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール) - 慶應義塾大学出版会
  6. ^ 学位記(博物館明治村蔵)(文京ふるさと歴史館 2005, p. 17(写真掲載))
  7. ^ 『官報』第999号「叙任及辞令」1915年11月30日。
  8. ^ スペシャル|NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」 - NHKオンライン 脚本家×プロデューサー スペシャル対談
  9. ^ 「ごちそうさん」でモデル 三朝橋設計の武田五一 日本海新聞 2014年1月3日閲覧。

参考資料[編集]

  • 足立裕司 (1992) 世紀転換期の日本近代建築に関する研究 -武田五一と第二世代の建築家の思想と作品-
  • 文京ふるさと歴史館 『近代建築の好奇心 武田五一の軌跡-平成17年度特別展図録』 文京区教育委員会、2005年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]