武田五一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけだ ごいち
武田 五一
武田五一.jpg
生誕 1872年12月15日
(旧暦明治5年11月15日
日本の旗 日本 小田県深津郡福山町
(現・広島県福山市
死没 (1938-02-05) 1938年2月5日(65歳没)
日本の旗 日本 京都府京都市北区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
建築物 名和昆虫博物館
求道会館
東方文化学院京都研究所

武田 五一(たけだ ごいち、1872年12月15日明治5年11月15日) - 1938年昭和13年)2月5日)は、日本の建築家・建築学者。

評価[編集]

備後福山藩(現・広島県福山市)出身。「関西建築界の父」とも言われる日本の建築家。ヨーロッパ留学で影響を受けたアール・ヌーボーセセッションなど、新しいデザインを日本に紹介した建築家とも言われる。建築以外にも工芸図案・テキスタイルデザインなども手掛けた。自身の作品のみならず、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)図案科や京都帝国大学(現・京都大学)に工学部建築学科を創立し向井寛三郎など多くの後進を育成した[1]。また、神戸高等工業学校(現・神戸大学工学部)の設立にも関与[2]。この他「新建築」創刊も指導した[3][4]フランク・ロイド・ライトとも親交があり、国会議事堂建設をはじめ多くのプロジェクトに関与している[5]法隆寺平等院などの古建築修復にも関わりが深い。

年譜[編集]

  • 1872年(明治5年)元備後福山藩士で司法官の父・武田平之助(直行)と母・八重の間の1男第5子として出生
  • 1894年(明治27年)京都第三高等中学校本科卒業。帝国大学工科大学造家学科入学。
  • 1897年(明治30年)東京帝国大学工科大学造家学科卒業。卒業論文は「茶室の沿革」。同大大学院に進学。在学中から妻木頼黄の下で旧日本勧業銀行本店の設計補助、伊東忠太台湾神宮の共同設計を行う
  • 1899年(明治32年)大学院を中退し、東大助教授就任
  • 1901年(明治34年)文部省より命ぜられ図案学研究のためヨーロッパ留学。ロンドンのカムデン美術学校で学んだ後、ヨーロッパ各地を巡る。(1903年まで)
  • 1903年(明治36年)帰国、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)図案科教授
  • 1904年(明治37年)京都府技師を兼任。平等院鳳凰堂・鹿苑寺金閣の保存に携わる
  • 1908年(明治41年)大蔵省臨時建築部技師を兼任。議院建築のため欧米視察
  • 1915年(大正4年)工学博士[6]
  • 1916年(大正5年)法隆寺壁画保存法調査委員嘱託
  • 1918年(大正7年)名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)校長
  • 1920年(大正9年)京都帝国大学建築学科教授(1932年まで)
  • 1934年(昭和9年)法隆寺国宝保存工事事務所長
  • 1938年(昭和13年)逝去、享年67

栄典[編集]

主な作品[編集]

1907年 名和昆虫博物館(岐阜市)
1907年 求道会館
1919年 昆虫碑(岐阜市)
1921年 五龍閣(京都市)
1933年 大阪市高速電気軌道標識
1937年 関西電力京都支店
名称 所在地 状態 指定 備考
/旧日本勧業銀行本店 1899年 12千葉市稲毛区 移築 登録有形文化財 現・千葉トヨペット本社、妻木頼黄の設計補助
/関西美術院 1906年 26京都市左京区
/福島行信邸 1907年 13東京都港区 現存せず 施主は実業家
/名和昆虫研究所記念館 1907年 21岐阜県岐阜市
/清野勇邸 1907年 26京都市 施主は医学者。清野謙次の父
/富山県会議事堂 1909年 16富山県富山市 現存せず
/京都府立図書館 1909年 26京都市左京区
/京都市商品陳列所 1910年 26京都市左京区 現存せず
/伊藤博文銅像の台座 1911年 28兵庫県神戸市 台座の意匠は弟子の吉武東里により国会議事堂の外観に採り入れられたといわれる。
/芝川又右衛門邸 1911年 23愛知県犬山市 移築 西宮市から明治村へ移築
/円山公園 1912年 26京都市東山区
/同志社女子大学ジェームス館 1913年 26京都市上京区 登録有形文化財
/旧松風嘉定邸 1914年 26京都市東山区 登録有形文化財 現・五龍閣
/清水橋 1914年 13東京都文京区 現存せず
/求道会館 1915年 13東京都文京区 東京都指定有形文化財 真宗大谷派僧侶の近角常観が開設。
/和楽庵(何有荘)洋館 1916年 26京都市東山区 移築予定
/瀧安寺鳳凰閣 1917年 27大阪府箕面市 登録有形文化財
/清水寺根本中堂・大講堂・本坊・客殿 1917年 28兵庫県加東市 登録有形文化財
/山口県庁舎 1916年 35山口県山口市 重要文化財 共同設計:妻木頼黄・大熊喜邦
/河合橋 1918年 26京都市左京区
/葵橋 1918年 26京都市上京区・左京区
/那覇市役所 1919年 47沖縄県那覇市 現存せず
/旧下村忠兵衛邸 1919年 26京都市左京区 現・京都白河院旧館
/旧村井吉兵衛邸 1919年 25滋賀県大津市 登録有形文化財 現・延暦寺大書院(1928移築)
/名和昆虫博物館・昆虫碑 1919年 21岐阜県岐阜市
/清水寺鐘楼 1919年 28兵庫県加東市 登録有形文化財
/自邸 1920年 26京都市北区 離れのみ現存
/京都帝国大学本館・建築学教室 1922年 26京都市左京区
/旧山口玄洞邸 1923年 26京都市左京区 現・聖ドミニコ会聖トマス学院京都修道院
/桜之宮公園 1923年 27大阪市都島区・北区
/東本願寺内侍所 1923年 26京都市下京区
/旧京都市医師会館 1924年 26京都市上京区 現存せず 春陽堂本社屋
/旧川崎家住宅和館 1924年 26京都市中京区 現・紫織庵
/旧西尾家住宅離れ 1925年 27大阪府吹田市
/淀屋橋修正設計 1925年 27大阪市北区・中央区
/光明寺本堂 1925年 28兵庫県加東市 登録有形文化財
/肥後橋 1926年 27大阪市西区・北区
/渡辺橋 1926年 27大阪市北区
/甲子園大遊園計画 1926年 28兵庫県西宮市
/藤井斉成会有鄰館 1926年 26京都市左京区
/京都市役所 1927年 26京都市中京区 東半分1927年、西半分1931年、共同設計:中野進一
/島津製作所河原町別館 1927年 26京都市中京区
/旧毎日新聞社京都支局 1928年 26京都市中京区 現・1928ビル
/御大礼京都市街路装飾 1928年 26京都市
/対岳文庫 1928年 26京都市左京区 岩倉具視関連資料の収蔵庫
/高野山大学図書館 1929年 30和歌山県高野町 登録有形文化財
/桜宮橋(通称「銀橋」) 1930年 27大阪市北区・都島区
/鶴見橋 1930年 33岡山市北区
/東方文化学院京都研究所 1930年 26京都市左京区 現・京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター
/旧熊本大学医学部図書館 1931年 43熊本県中央区 現・熊本大学医学部山崎記念館
/賀茂大橋 1931年 26京都市上京区・左京区
/同志社女子大学栄光館 1932年 26京都市上京区 登録有形文化財
/春田文化集合住宅(第2期) 1932年 23愛知県名古屋市東区
/藤山雷太邸日本家 1932年 23愛知県名古屋市昭和区 現・龍興寺客殿
/圓教寺摩尼殿 1933年 28兵庫県姫路市
/大阪市高速電気軌道標識(大阪市営地下鉄シンボルマーク) 1933年 27大阪市
/三朝大橋 1934年 31鳥取県三朝町 登録有形文化財
/平野橋 1935年 27大阪市中央区
/京都電燈本社屋 1937年 26京都市下京区 現・関西電力京都支店

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 卒業作品の紹介 - 京都大学工学部 建築学科
  2. ^ 『神戸大学百年史 通史I 前身校史』神戸大学百年史編集委員会、2002年、391頁
  3. ^ 新建築新建築社、2010年1月号11頁
  4. ^ 新建築
  5. ^ 人文研探検―新京都学派の履歴書(プロフィール) - 慶應義塾大学出版会
  6. ^ 学位記(博物館明治村蔵)(文京ふるさと歴史館 2005, p. 17(写真掲載))
  7. ^ 『官報』第999号「叙任及辞令」1915年11月30日。
  8. ^ スペシャル|NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」 - NHKオンライン 脚本家×プロデューサー スペシャル対談
  9. ^ 「ごちそうさん」でモデル 三朝橋設計の武田五一 日本海新聞 2014年1月3日閲覧。

参考資料[編集]

  • 足立裕司 (1992) 世紀転換期の日本近代建築に関する研究 -武田五一と第二世代の建築家の思想と作品-
  • 文京ふるさと歴史館 『近代建築の好奇心 武田五一の軌跡-平成17年度特別展図録』 文京区教育委員会、2005年 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]