名和靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なわ やすし
名和 靖
生誕 (1857-11-24) 1857年11月24日
美濃国本巣郡船木村字十五条
(現岐阜県瑞穂市重里)
死没 (1926-08-30) 1926年8月30日(満68歳没)
職業 昆虫学者

名和 靖(なわ やすし、安政4年10月8日1857年11月24日) - 大正15年(1926年8月30日)は、明治・大正時代の日本昆虫学者である。

来歴・人物[編集]

名和靖が命名したギフチョウ

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名和が1883年(明治16年)に、新種のチョウを発見し、ギフチョウと命名した事から、「ギフチョウの発見者であり命名者」とされていたが、最近は「ギフチョウの再発見者で命名者」とするのが一般的である。これは、江戸時代(18世紀初め)の昆虫図録にて、ギフチョウの絵が記載されているからである。但し、この図録での名は「錦蝶」である。この事から、「ギフチョウは江戸時代にはすでに存在が知られており、錦蝶とも呼ばれていたが、目撃例が少ないため知られていなかった。名和靖は錦蝶を発見した際、新種と考えてギフチョウと命名した」と解釈され、発見者ではなく再発見者とされている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]