木村小舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 小舟(きむら しょうしゅう、1881年9月12日 - 1954年4月20日)は、20世紀前半の少年雑誌編集者・童話作家である。

略歴[編集]

岐阜県加茂郡加治田村(現在の富加町)出身。本名は木村定次郎。

1896年(16歳)に、幼年時代からの希望であった小学校教員の第一歩を踏み出し、加治田小学校の雇教員として勤める。そのかたわら、博文館の少年雑誌『少年世界』への投稿をする。1898年には「胡蝶船旅行」1編が、1899年には「雪姫物語(科学的お伽噺)」「蟻の旅(お伽噺)」など10編が掲載された。1900年9月、19歳で博文館に編集者として入社する。1901年9月から1914年12月(34歳)に退社するまで、『少年世界』の編集を担当し、最後の2年間は編集長を務めた。編集者として様々な分野について執筆している。退社後も、『少年世界』に理科談と童話の執筆を続けた。

博文館退社後は、書肆東亜堂の主人に招かれて、同社に入社する。しかし、この会社は経営不振で、数年にして主人は経営を投げ出し、木村小舟みずからが経営の責任を負うことになる。整理のやむなきに至り、別に明治出版社を興す。しかし、1922年には両社とも解散し、1927年までかかって両社の負債を返済し続けることになる。1923年以降は、少年用書籍の執筆者・編集者となる。

著書[編集]

きわめて多い。以下はその一部である。

幼少年書類

  • 『教育お伽噺』博文館、1908年
  • 『立志の旅路』博文館、1912年
  • 『模範童話選集』博文館、1925年
  • 『泰西美談』広陵社、1924年
  • 『日本歴史手帳』文運堂
  • 『動物手帳』文運堂
  • 『世界地理手帳』文運堂
  • 『少年百科宝鑑』勉強堂、1911年

理科書類

  • 『理科手引草』博文館、1902年
  • 『動物の世界』東亜堂、1929年
  • 『小学理科の話』京華社

美術及雑書

  • 『日本仏像物語』東亜堂、1920年
  • 『趣味の仏像』広陵社、1926年
  • 『海上生活』共同出版社、1917年

文献[編集]

  • 飯干陽『木村小舟と「少年世界」』あずさ書店、1992年。
  • 富加町史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]