瀧安寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
瀧安寺
Ryuuanji Hondou.JPG
本堂(弁天堂)
所在地 大阪府箕面市箕面公園2-23
位置 北緯34度50分33.08秒
東経135度28分20.74秒
座標: 北緯34度50分33.08秒 東経135度28分20.74秒
山号 箕面山
宗派 本山修験宗
本尊 弁財天
創建年 (伝)658年
開基 (伝)役小角
札所等 摂津国八十八箇所55番
摂津国三十三箇所21番
西国七福神
文化財 如意輪観音像等
法人番号 9120905003408
テンプレートを表示

瀧安寺(りゅうあんじ)は、大阪府箕面市箕面公園にある本山修験宗(修験道の一派)の寺院。山号は箕面山(みのおさん)。宝くじの起源である富籤(くじ)発祥の地とされている。お金ではなく、お守りを配る古式に則った富籤を2009年に復活させ、毎年10月10日に行っている[1]

歴史[編集]

寺伝によれば658年(一説には650年)に役小角箕面滝の下に堂を建設し、本尊の弁財天像を安置し、「箕面寺」と命名したのが始まりである。平安時代に後白河天皇が編纂したとされる『梁塵秘抄』に「聖のすみかは何処何処ぞ、箕面よ勝尾よ」と歌われている。後醍醐天皇隠岐島流しになった際には、護良親王が当寺に帰還祈祷を依頼したという。その後「瀧安寺」という寺号を賜ったとされる。その他にも、山岳霊場として栄え、空海日蓮蓮如が修行したほか、現在も護摩法要が行われている。

山門は光格天皇1809年(文化6年)に京都御所から移築したものである。また、弁財天本堂は後水尾天皇の勅命により1656年(明暦2年)に建てられた。この弁財天は日本四弁財天に数えられる。通路側にある鳳凰閣は昭和時代初期の建築物である。

室町時代末期に織田信長によって焼失し、江戸時代になって後水尾天皇の援助によって現在地に再建された。また天正3年(1575年)に「富会」を挙行した。これを日本の宝くじ発祥とする見方もある。祈願の目的とした瀧安寺の「箕面富」の記録は後述のように、更に平安時代まで遡る。

弁財天を祀っている所から、芸能の寺としても知られ、近松門左衛門坂田藤十郎上方歌舞伎関係者が大般若経を奉納している。

富くじ[編集]

鎌倉時代編纂の『夫木和歌抄』に収録された藤原兼隆(平安時代中期の公卿)の歌に、瀧安寺で行われていた「箕面富」について記されている。これによると、約950年前より古くから富籤の原型があったことになる。金銭を配るのではなく、当籤した者は「大福御守」が授けられたという。

戦国時代の1575年(天正3年)には「富会」が始まり、江戸時代に刊行された『摂津名所図会』にも、箕面富の賑わいが描かれている。明治時代初期に中止となり、「万人講くじ」と名称・形を変えて、2009年に箕面富が復活した。

現在行われている宝くじの源流とされる江戸時代の富籤は、この箕面富が発祥と考えられている。寺社が修繕資金を集めるため番号が入った富札を発売し、同じ番号の木札を箱に入れて、期日に錐で突いて選び当籤者を決めた。

本堂・伽藍[編集]

  • 本堂(弁天堂):後水尾天皇の寄進で、奥殿と拝殿から成る神社形式になっている。本尊に弁財天像、脇尊に毘沙門天像と大黒天像を安置する。
  • 行者堂(開山堂):本堂同様に、奥殿と拝殿から成る。主尊に役小角像、脇尊に不動明王像と蔵王権現像を安置する。
  • 観音堂:2002年再建。中央に如意輪観音像(重要文化財)、左右に阿弥陀如来像、弘法大師像を安置する。

祭事・年中行事[編集]

  • 4月15日の開山忌、7月7日と11月7日の行者堂法要には、採燈大護摩供と山伏大行列が行われる。
  • 毎月7日の月次祭には護摩供と、周辺商店街では「箕面山七日市」』と称する門前市が催される。
  • 辨財天秋まつり「箕面富」(10月10日)。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

大阪府指定有形民俗文化財[編集]

箕面市指定有形文化財[編集]

  • 瀧安寺文書(中世24点・近世157点) - 中・近世。
  • 紺紙金銀字交書一切経(5巻) - 平安時代末期(中尊寺経の一部とされる。)。
  • 大般若経及び収納具(経典597巻・経櫃6櫃・経帙60帙) - 江戸時代中期、近松門左衛門、坂田藤十郎奉納。
  • 大般若経(上林経)及び収納具(経典263巻・経帙22帙) - 江戸時代中期。
  • 大般若経(版本)及び収納具(経典596巻・経帙55帙・経箱1点) - 江戸時代中期。

その他[編集]

  • 弁財天像 - 伝役小角奉納。日本四弁財天の1つ。
  • 役小角像 - 室町時代。
  • 不動明王像 - 鎌倉時代。
  • 蔵王権現像 - 江戸時代。
  • ラジオ塔[2]-昭和14年設置。

札所[編集]

所在地・交通[編集]

大阪府箕面市箕面公園2-23

脚注[編集]

  1. ^ 辨財天秋まつり「箕面富」―146年のときを経て復活―箕面山瀧安寺ホームページ
  2. ^ ラヂオ年鑑 昭和16年版 p.323

関連項目[編集]

外部リンク[編集]