摂津名所図会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
唐物屋 『摂津名所図会』四巻上

摂津名所図会(せっつめいしょずえ、『攝津名所圖會』)は、摂津国名所絵画文章で紹介した地誌である。

京都町人・吉野屋為八が計画し、1796年寛政8年)-1798年(寛政10年)に刊行された9巻12冊となる摂津国の通俗地誌であり観光案内書でもあった。

概要[編集]

編集は俳諧師・秋里籬島(あきさと りとう)が担当し、絵は『名物浪花のながめ』(絵本)や『鳥羽絵欠び留』などを描いていた絵師竹原春朝斎(たけはら しゅんちょうさい)が担当。秋里籬島による名所の由来記、竹原春朝斎による俯瞰図を多用した挿絵が特徴である。この2人は、1780年安永9年)に刊行された京都の案内書『都名所図会』(6巻11冊)を皮切りに、その後、吉野屋為八が企画した多くの「名所図会」を手がけていた。その上、籬島、春朝斎以外にも編者や画家として、たとえば絵師の丹羽桃渓らの参加を求めたので、「名所図会」は見た目が一層にぎやかになった。

秋里籬島、竹原春朝斎が中心となった大坂シリーズには、この『摂津名所図会』以外に、『河内名所図会』『和泉名所図会』『住吉名所図会』があった。なお、歌川広重にも『浪花名所図会』がある。また東都の『江戸名所図会』が刊行されるのは、この『摂津名所図会』刊行の約40年後のことである。

内訳[編集]

摂津名所図会は、まず後部となる7-9巻(3巻4冊)を1796年(寛政8年)に刊行し、2年後の1798年(寛政10年)に前部となる1-6巻(6巻8冊)を刊行した。これを合わせて9巻12冊となる。

摂津名所図会
郡名 冊数
一巻 住吉郡 1
二巻 東生郡 1
三巻 東生郡・西成郡 1
四巻 大坂部 上 1
大坂部 下 1
五巻 島上郡島下郡 1
六巻 豊島郡河辺郡 1
河辺郡 1
七巻 武庫郡菟原郡 1
八巻 八部郡 上 1
八部郡 下 1
九巻 有馬郡能勢郡 1

その他[編集]

大阪の地誌

  • 『住吉名所図会』 秋里籬島著・岡田玉山画 1795年(寛政7年)
  • 『和泉名所図会』 秋里籬島著・竹原信繁画 1796年(寛政8年)
  • 『河内名所図会』 秋里籬島著・丹羽桃渓画 1801年(享和元年)
  • 『天保山名所図会』 暁鐘成著画 1835年(天保6年)
  • 『摂津名所図会大成』 暁鐘成著・松川半山・浦川公佐画 1855年(安政2年)以後
  • 『浪華の賑ひ』 暁鐘成著・松川半山画 1855年(安政2年)
  • 『浪花名所図会』 歌川広重
  • 『浪花百景』 一養斎芳瀧南粋亭芳雪一珠斎国員著画

参考文献[編集]

外部リンク[編集]