松川半山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松川半山
MET 36 100 21 108839.jpg
ヒト
性別男性 編集
国籍日本 編集
生年月日1818 編集
死亡年月日21 10 1882 編集
職業画家浮世絵師 編集
読み仮名まつかわ はんざん 編集
師匠菅松峰 編集
コレクション所蔵者国立世界文化博物館 (オランダ) 編集
作者の著作権状態著作権保護期間満了 編集

松川 半山(まつかわ はんざん、文政元年〈1818年〉 - 明治15年〈1882年10月21日)とは、江戸時代後期から明治時代にかけての大坂浮世絵師[1]

来歴[編集]

菅松峰の門人。本姓は奥氏、名は安信。通称は高二。字は義卿。翠栄堂、霞居、直水などと号す。大坂西横堀石屋橋畔に狂歌師の鬼粒亭力丸こと松川為一(1774-1848年)の子として生まれた[1]。12歳の時に菅松峰に絵を学び、師の画系である丹羽桃渓岡田玉山らの画風を研究して一家をなす。風景画を得意とし、幕末のころ暁鐘成と提携して「京阪名所図会」など名所絵に筆をとったほか、『浪花新聞』 (1877年11月廃刊) や軍記物の挿絵を残している[1]

代表作として暁鐘成が著した地誌で文久元年(1861年)刊行の『淀川両岸一覧』[2]、雲和亭湖竜の編んだ嘉永3年(1850年)刊行の雑俳書『画口合瓢之蔓(えぐち あいふくべの つる)』三巻3冊[3][注 1]などが挙げられる。他に仏教書『阿弥陀経和訓図会』三巻3冊[4]、読本『左刀奇談』五巻5冊[5]、文久4年(1864年)刊行の『絵本豊臣琉球軍記』後編10冊[6][7]、『地口行燈』二編2冊(刊行年不明)[8]と、土屋正義の小説『絵本石山軍記』三編10巻30冊の挿絵(明治14–16年(1881–1883年)) [9][10]なども知られている。

明治維新後は、文明開化した都市の繁栄や風俗をいち早く取り入れた書物や、文部省教科書作成にも参画し書道から絵画、算数の指導書を手がけた。1882年(明治15年)11月22日死去。享年65。

主な作品[編集]

  • 鬼拉亭力丸 (編)『造物趣向種』(つくりもの しゅこうの たね)、松川半山 (画)、大坂 : 河内屋太助など、天保8年(1837年)、2冊、フリーア美術館ほか所蔵[注 2]
  • 八功舎徳水[注 3]、作助[注 4]『絵本豊臣勲功記』(えほん とよとみ くんこうき)、9編90冊、読本。一勇斎国芳[注 5](画)、一宝斎芳房[注 6](補)、松川半山 (画・6編以降)[注 7]
    • 初編、安政4年(1858年)。
    • 2編、同5年(1859年)。
    • 3編、同6年(1860年)。
    • 4、5編、同7年(1861年)。
    • 6編、文久3年(1863年)。
    • 7編、慶応4年(1868年)。
    • 8編、明治15年(1883年)。
    • 9編、明治17年(1885年)。

明治期[編集]

  • 数学卜部精一『新撰洋和算』(しんせん ようわさん)、松川半山 (画)、大阪 : 松根堂、明治6年(1873年)。(IRDBリポジトリ)
  • 海図正樹齊美、加藤祐一 (補訂)『新增補大日本船路細見記』、書肆積玉圃柳原喜兵衛、明治6年(1873年)。彩色図。17丁、1冊、12×18cm、横版。
  • 西洋画『西画早学』(せいが はやまなび)、大阪:梅原亀七、明治7年(1874年)。絵画。
  • 地理黒田麹廬行元『世界都府尽』、京都:文求堂、明治7年(1874年)、86丁、22.7×16.0cm、1冊 (国立国会図書館デジタルコレクション)
  • 辞典『女教諭躾種』(おんな きょうゆ しつけぐさ)、明治8年(1876年)、往来物解題辞典 (国立国会図書館デジタルコレクション)[12]
  • 教科指導註・画『小学入門教授解』(しょうがく にゅうもん きょうじゅかい)、大阪:三木書楼、明治9年1月 (1877年)[13]

書道加藤祐一『五十韻之原由』 (ごじゅういんの わけ)、村田海石 (書)、松川半山 (画)、浪華(大阪) : 柳原喜兵衛、明治6年(1873年)、2冊、22.3cm。(IRDBリポジトリ)

  • 博物学『画引博物図註解』 (えびき はくぶつず ちゅうかい)、明治9-10年。
    • 「植物之部」巻之一[14]・二[15]
    • 「鳥獣虫魚之部」巻之三[16]

肉筆画[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 制作年 落款 印章 備考
「浪華勝槩帖」のうち
「地蔵まつり」
「さらへ講」
野崎観音詣
合法ヶ辻
絹本著色 全95図の内4図 20.6x18.3 大阪歴史博物館[17] 嘉永元年(1848年)12月 半山(各) 「半」朱文方印(各)・「山」白文方印(各)
大坂祭事風俗図 絹本著色 1幅 94.3x32.2 大阪歴史博物館大阪歴史博物館編集 『特別展 大阪の祭り ―描かれた祭り・写された祭り―』 大阪府神社庁、2009年7月15日、p.10。 不明 半山霞居 「半山」朱文方印・「斬丶霞居」
木村名啓翁画像 紙本著色 1幅 大阪歴史博物館 万延2年(1861年)2月5日 翠榮堂半山寫 「松川安信」白文方印・「義郷」白文方印 花家主人賛、像主は暁鐘成。
納涼風俗図 絹本著色 額装1面 38.8x189.7 尼崎市教育委員会 万延2年~明治2年(1861-69年)頃[18] 翠榮堂半山 「松川安信」白文方印・「義郷」白文方印
風俗図 絹本著色 4幅 25.3x横42.9(各) 尼崎市教育委員会[19] 不明 (4幅の内1図)[注 8] 「松川」朱文方印(各)・「半山」白文方印 (各) 印章は「雲烟過眼」乾-10と同じ。
雲烟過眼帖 絹本著色 乾」・「坤」2帖のうち
「乾帖」の19図
18.7x17.7(各) 大阪歴史博物館[疑問点][20] 明治元年-2年(1868-69年)

参考文献[編集]

  • 長友千代治「松川半山著作年表稿」『説林』第20号、1972年2月。
  • 長友千代治「松川半山―幕末・明治維新期における一挿画作者の動向」『谷山茂教授退職記念国語国文学論集』、塙書房、1972年12月。
  • 多治比郁夫 「松川半山の著書・挿絵本年表」『すみのえ』第184号、1987年4月
  • 多治比郁夫、佐藤敏江「明治六年の松川半山」『大阪府立中之島図書館紀要』第24号、1988年3月。
  • 影山純夫「松川半山論」『近代』第85号、神戸大学近代発行会、2000年3月31日。
  • 中野朋子「松川半山筆肉筆風俗画にみる幕末・維新期大坂の風俗動向」『文化史学の挑戦』笠井昌昭思文閣出版、2005年3月、286-301頁。ISBN 4-7842-1233-7
  • 中野朋子「松川半山筆「納涼図屏風」についての一考察 ―制作年代と描かれた景観―」『大阪歴史博物館研究紀要』第6号、2007年10月、 35-74頁。
  • 府川源一郎「松川半山の関係した国語教科書など」『明治初等国語教科書と子ども読み物に関する研究 リテラシー形成メディアの教育文化史』、ひつじ書房date=2014-02-14、 ISBN 978-4-89476-662-4

辞典類

  • 藤懸静也「二八 江戸中期以後に於ける京坂の風俗画」『増訂浮世絵』雄山閣、1946年、192頁。2019年12月2日閲覧。
  • 『原色浮世絵大百科事典』2、大修館書店、1982年。
  • 吉田漱『浮世絵の基礎知識』雄山閣、1987年。

関連資料[編集]

出版年の古い順。

  • 『女教諭躾種』群正堂 (明治8年刊) の復刻。『小学教師心得 . 小学教師必携 . 小学教師心得入門 . 女教諭躾種』諸葛信澄、山口俊一 (著)、文部省 (編)、上沼八郎 (監修)、ゆまに書房〈明治・大正教師論文献集成 1〉、1990年7月。
  • 展示図録『松川半山展/幕末・明治初期の挿絵画家』、大阪府立中之島図書館、2000年。平成12年度初夏の開催。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 嘉永3年版の復刻は徳島県立図書館収蔵、同館森文庫本のマイクロフィルム(06-8-10) による作成。『画口合瓢之蔓:附り句俳心得之大略』雲和亭主人湖竜 (著) ; 松川半山 (画)、徳島県立図書館〈森文庫〉、2006年11月、37p、22×30cm。
  2. ^ 墨摺り、薄茶色霞模様の表紙に原題簽。乾11丁、坤10丁、22.1×15.5cm。序文に「天応8年夏鬼拉亭力丸序」とある。構成はそれぞれ「乾」は序2丁と目録1丁、本文・図像8丁、「坤」は本文・図像8丁、「造物留様の伝」1丁、本文・図像0.5丁、刊記0.5丁。書付目録(9書肆・裏表紙裏に貼付)、外題『四季 造物趣向種 乾(坤)』、目録題『作物趣向種 初編(つくりものしゅかうのたね)』、諸芸。所蔵者はフリーア美術館プルヴェラー文庫、古典籍[11]
  3. ^ 八功舎徳水の別称は柳水亭種清。
  4. ^ 3編以降は執筆者が作助に交代。
  5. ^ 一勇斎国芳とは歌川国芳のこと。
  6. ^ 一宝斎芳房とは歌川芳房のこと。
  7. ^ 日本古典文学大辞典に解説あり、著者・成立訂正は書誌データおよびチェスター・ビーティー・ライブラリィ『絵巻絵本解題目録』「解題篇」による)。『欧州所在日本古書総合目録』にもデータあり。
  8. ^ 出典に「翠榮堂半山(?)」の注あり。翠榮堂半山は松川の号。

出典[編集]

  1. ^ a b c 藤懸 1946, p. 192.
  2. ^ 上下2巻、東京国立博物館収蔵。
  3. ^ 雲和亭湖龍 (選)『口合瓢之蔓』3巻、梅亭香味人 (校閲)、伊丹屋善兵衛、1850年 (序)、和装(上12,23丁, 中35丁, 下34丁)、NCID BN1179806X、 巻次:上,中,下。
  4. ^ 天保15年(1844年)刊の初版は三巻3冊、出版は田中太右衛門 (宋栄堂)。山田野亭『阿弥陀経和訓図会』、曽根崎村 (大阪府):柏木市之助、明14.4、1冊 (上22, 中22, 下22丁合本) ; 26cm。全国書誌番号:40044728
  5. ^ 手塚兎月『左刀奇談』東籬亭主人 (校合)、出版社 (本屋又助 : 丁子屋平兵衞 : 須原屋茂兵衞、藤屋禹三郎 : 秋田屋市兵衞 : 藤屋善七、山城屋佐兵衞)、嘉永2年(1849年)、5冊、22cm。『日本古典籍総合目録』の統一書名による。見返しの書名『畫本左刀竒譚』、題簽の書名『甚五郎外傳左刀奇譚』。
  6. ^ 国立国会図書館デジタルライブラリーに松川半山補正版の後編巻1 (写)doi:10.11501/2586927、同じく巻2doi:10.11501/2586928と巻3doi:10.11501/2586929を公開。
  7. ^ 宮田南北 (編述)『絵本豊臣琉球軍記』。初編10冊の挿絵は岡田玉山 (法橋玉山)、天保7年 (1836年) 大阪:河内屋藤兵衛発行。後編10冊は松川半山補正、文久4年 (1864年) 攝都:河内屋藤兵衛・河内屋茂兵衛の発行。後編の見返しに「廣榮堂梓」とある。和装. 袋綴じ、1帙。全国書誌番号:BA54605789。別タイトル:琉球軍記、絵本琉球軍記、繪本琉球、繪本豐臣琉球軍記。
  8. ^ 雲和亭湖龍 (選)『地口行燈』2編、梅亭香味人 (挍)、付訓、一部色刷。NCID BB24947849。見返しに「江都 萬笈閣」とある。
  9. ^ 土屋正義『絵本石山軍記』三編10巻30冊、大阪:前川善兵衛 、1883年 (明16)、6冊 (初-3編各10巻) ; 23cm。全国書誌番号:41004477
  10. ^ 国立国会図書館デジタルライブラリーは「初篇 巻之1-5」(全国書誌番号:41004477) doi:10.11501/877826、「初篇 巻之6-10」doi: 10.11501/877827を公開。
  11. ^ 造物趣向種』鬼拉亭力丸 (編)、松川半山 (画)、河内屋太助など、大坂、天保8年(1837年)。2019年12月1日閲覧。
  12. ^ 松川半山 (編)『女教諭躾種』の複製。『女大学資料集成』第6巻、石川松太郎 (監修)、小泉吉永 (編)、東京:大空社、2003年10月、全国書誌番号:20513142
  13. ^ 『小学入門教授解』、大阪:三木書楼、訂2版、明10.4、2冊 (附録共) ; 18cm、全国書誌番号:40039924
  14. ^ 画引博物図註解. 巻1 植物之部 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2019年12月2日閲覧。
  15. ^ 画引博物図註解. 巻2 植物之部 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2019年12月2日閲覧。
  16. ^ 画引博物図註解. 巻3 動物之部 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2019年12月2日閲覧。
  17. ^ 『浪華勝槩帖―』大阪歴史博物館 (編集・発行)〈大阪歴史博物館 館蔵資料集〉、2012年3月31日。第53, 68, 75, 86図。
  18. ^ 北川博子(監修)、岩佐伸一、澤井浩一「特別展 上方の浮世絵 ー大坂・京都の粋と技ー」、NHKプラネット、2014年4月19日。第210図。
  19. ^ 『堺市博物館秋季特別展 近世の大阪画人―山水・風景・名所―』堺市博物館 (編集・発行)、1992年10月10日。第81図。
  20. ^ 『近世大坂画壇』大阪市立美術館、同朋舎出版、1983年10月10日。第56図。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]