清野謙次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清野 謙次(きよの けんじ、1885年8月14日 - 1955年12月27日)は、日本の医学者人類学者考古学者、考古学・民俗学資料の収集家。生体染色法の応用で組織球性細胞系を発見した病理学の世界的第一人者。

来歴・人物[編集]

1885年 岡山県立医学校長兼病院長の清野勇の長男として生まれる。

1909年 京都帝国大学医科大学を卒業

1912年~1914年 ドイツのフライブルク大学に留学し生体染色を研究。帰国後京大講師となる。

1919年~1920年 岡山県津雲遺跡の発掘に携わる(その時発掘された人骨の分析から後に原日本人論争での自説を形成することになる)。

1921年 医学部教授となる。のちに生体染色法の応用によって組織球性細胞系を発見。病理学の世界的第一人者となった(※その業績により、1922年に帝国学士院賞を受賞)。

1924年 樺太のアイヌ人墓地から数多くの人骨を持ち去った[1](アイヌ墓地盗掘は清野以前にも1865年にイギリス人学者が、1888年に小金井良精が行なっている[2])。

1926年 「津雲石器時代人はアイヌ人なりや」という論説を発表。原日本人論争において以後主流の説を確立するまでに至る。

1938年 生体染色の研究の総括をドイツ語論文として発行し医学博士号を取得。

1941年 後述する窃盗事件(清野事件)で有罪判決を受け京大を免職。

免職後[編集]

上京して太平洋協会の嘱託となり、大東亜共栄圏建設に人類学者として参加。 大東亜共栄圏建設における国民のイデオロギー的統一を積極的に企てた。 また、京都大学での愛弟子にあたる石井四郎が部隊長だった満州731部隊に対しては病理解剖の最高顧問を務め[3]、人材確保・指導などに「異常なまでにてこ入れした」とされる[4]

戦後[編集]

戦後、アメリカとの密約に基づき戦犯追及を逃れ、依然として医学と考古学の分野で影響力を残し、厚生科学研究所長や東京医科大学教授を歴任。 戦時中から著していた3部作『古代人骨の研究に基づく日本人種論』(1949・岩波書店)『日本考古学・人類学史』(1955年・岩波書店)『日本貝塚の研究』(1969年・岩波書店)をまとめ、戦後に刊行した。

原日本人論争をめぐって[編集]

「津雲石器時代人はアイヌ人なりや」論説発表[編集]

1926年当時、日本旧石器時代人の論争は小金井良精のアイヌ説にまとまりつつあった。 そこへ清野は「津雲石器時代人はアイヌ人なりや」という論説を発表する。 その論説は、1919年から翌年にかけて岡山県津雲遺跡で発掘・収集された縄文人骨46体をはじめ、彼が収集した日本各地の古人骨を使って人骨の各部位の長さの比率などを測定したもので、「現在の日本人とアイヌ人は、津雲人と比較するとずっと似ている」と主張した。 その理由として「現代アイヌ人も現代日本人も元々日本原人なるものがあり、それが進化して、南北における隣接人種との混血によって成ったものだ」としている。 また、当時日本旧石器時代人の論争で有力だった小金井のアイヌ説を真っ向から否定したため、清野説は多くの学者に歓迎され[5]、以降DNA検査が主流になるまで原日本人論争の主流となった。

その後[編集]

1938年、学位論文で次のような表現を使用した。

「この意味において日本島は人類生息以来日本人の故郷である…断じてアイヌの母地を占領して居住したものではない」 「我らの先祖は気宇広大でよく他人種をいれて自己の種族に同化したのであった」。

しかし、清野はこの直後から論調を転換。人種的混合を完全否定し、人類が発祥してすぐに「日本人」は「日本」の地を占拠し以後連綿と現在まで続いていると主張するようになる。 清野は『日本民族生成論』において「皇国のありがたさ」「日本民族の独自性ある生い立ち」を「数理」から立証した自説を読んで「日本国民としての自覚を増していただきたいため」にこの本を書いたとのべている。

評価[編集]

彼の論文は学者らに歓迎されたが、「日本原人」とどのような人種が混じり、現在の日本人やアイヌ人になったのか明確にはされていなかった。 また、坪井正五郎が原日本人論争においてアイヌ人の伝承であるコロボックルを利用していることを批判。 清野が古事記日本書紀の伝承的内容である長脛彦に言及し、発掘された長身人骨と関連づけ自説の補強としている点を批判する人もいた。

清野事件[編集]

清野は、幼少の頃から考古学を趣味にしており、仕事の傍ら古人骨・古文書・民俗学資料などの収集に情熱を傾けていた。 1938年に医学博士号を取得した直後、「誠に奇妙なる精神状態」のうえに収集癖が高じて、京都の古寺から教典や古文書を盗む窃盗事件を起こす[6]。 清野は逮捕され、控訴審で懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受ける。 このことから清野は京大を免職になったばかりか、濱田耕作京大総長も辞意を表明した[7]

清野コレクション[編集]

彼の収集した資料は「清野謙次コレクション」として今なお展覧会が開かれる。 日本各地の遺蹟から出土した人骨は京都大學自然人類学研究室に、考古・民俗資料は生前に天理大学附属天理考古館に納められ、没後に大阪府立近つ飛鳥博物館埼玉県立博物館に分散収蔵された。 蔵書は東京大学天理大学などに納められている。

[編集]

  1. ^ 熊本県における無らい運動と医学者の責任 - 熊本県
  2. ^ さまよえる遺骨たち アイヌ墓地発掘の現在 - 北大開示文書研究会 2011年6月10日
  3. ^ 真相記者 1950年11月号。
  4. ^ 1956年 清野謙次先生記念論文集刊行会編 p.658 石井四郎発言から。
  5. ^ これは、時局的に微妙な原日本人論争を避けることができるためとも言われる。実際、清野の論文の後は、学者らは原日本人のことを論文に書かなくなった。
  6. ^ 当時の報道によると、その総額は二百万円程度であったという。
  7. ^ 辞任する直前に病死している。※現在でも精神病理学の実例としてこの事件が名前を伏せて取り上げられることがある。

参考文献[編集]

  • 春成秀爾「縄文文化の研究10 清野謙次論」 雄山閣出版