永瀬狂三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永瀬 狂三(ながせ きょうぞう、1877年10月23日 - 1955年1月21日)は、大正昭和戦前期に京都市を中心に活動した建築家京都帝国大学の営繕に在籍していたことから、京都大学に多くの作品を残している。

生涯[編集]

1877年(明治10年)、現在の愛知県田原市に生まれる[1]。祖父は田原藩国元家老の鈴木弥太夫で、父・永瀬誉の代から永瀬姓を名乗った[1]。「狂三」の名前は、『論語』子路篇の「不得中行而与之、必也狂狷乎、狂者進取、狷者有所不為也(中行を得てこれに与せずんば、必ずや狂狷か、狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり)」に由来している[2]

1906年(明治39年)10月、東京帝国大学建築学科を卒業。下田菊太郎の事務所を経て、辰野・片岡設計事務所で働く。1909年(明治42年)3月に京都帝国大学建築部に入り、山本治兵衛の下で大学施設の建築を手がけた。

1919年(大正8年)10月、在任中に死去した山本の跡を継ぎ、建築部長となる(組織改編により1920年営繕課長)。以後、1929年(昭和4年)1月に退職するまでの10年間、京都帝国大学の営繕組織を率い、拡大を続ける大学施設の建設を手がけた。大学外では、福井県敦賀市の大和田銀行本店(現・敦賀市立博物館)などを設計している。

かたわら、京都帝国大学工学部、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)講師として、後進の指導にあたった。京都帝国大学営繕課長退職後の1935年には、京都工学校校長となり、1945年までその職にあった。

1955年(昭和30年)死去(77歳)。

略年譜[編集]

  • 1877年(明治10年) - 愛知県田原市に生まれる。
  • 1906年(明治39年) - 10月、東京帝国大学建築学科を卒業、横浜市の下田築造合資会社(下田菊太郎)に入所。
  • 1908年(明治41年) - 辰野・片岡設計事務所に入所。
  • 1909年(明治42年) - 3月、京都帝国大学建築部嘱託となる。
  • 1917年(大正 6年) - 京都帝国大学工学部講師となる。
  • 1919年(大正 8年) - 10月、京都帝国大学建築部長。12月、組織改組により建築課長。
  • 1920年(大正 9年) - 1月、組織改組により営繕課長。

              京都高等工芸学校講師となる(~1944年)

主な作品[編集]

  • 京都大学学生集会所(1912年、現存しない)
  • 京都大学吉田寮現棟(旧京都帝国大学寄宿舎、1913年、山本治兵衛と共同設計、京都市左京区)
  • 京都大学文学部陳列館(1914年、山本治兵衛と共同設計、京都市左京区、登録有形文化財
  • 京都大学医学部推進センター(旧生理学教室研究室、1914年、京都市左京区)
  • 京都大学農学部附属農場園芸実験室(1924年、現存しない)
  • 京都大学理学部附属地球物理学研究所(1924年、大分県別府市、登録有形文化財)
  • 京都大学本部本館(1925年、武田五一坂静雄と共同設計、京都市左京区)
  • 敦賀市立博物館(旧大和田銀行本店、1927年、福井県敦賀市、福井県指定有形文化財)
  • 崋山文庫(1934年、愛知県田原市)[2]
京都大学学生集会所 
京都大学医学部推進センター 
京都大学理学部附属地球物理学研究所 
敦賀市立博物館 

脚注[編集]

  1. ^ a b 「幻の建築家 永瀬狂三(1)」、『広報たはら』平成17年11月号、p.24
  2. ^ a b 「幻の建築家 永瀬狂三(2)」、『広報たはら』平成17年12月号、p.30

参考文献[編集]

  • 日本建築学会編『新版 日本近代建築総覧』(技報堂出版、1983年) ISBN 476552003X
  • 石田潤一郎『関西の近代建築』(中央公論美術出版、1996年) ISBN 4805508264
  • アトリエM5・宮本和義『近代建築散歩 京都・大阪・神戸編』(小学館、2007年)ISBN 4093876967
  • 『広報たはら』平成17年11月号・12月号(田原市)
  • 『建築と社会』第36輯第2号(日本建築学会、1955年)
  • 京都大学百年史編集委員会編『京都大学百年史 総説編』(京都大学後援会、1998年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]