三谷軌秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三谷 軌秀(みたに のりひで、1858年2月18日安政5年1月5日) - 1934年昭和9年)3月8日)は、日本の政治家実業家衆議院議員。幼名は五市。

略歴[編集]

1858年2月18日(安政5年1月5日)、土佐国長岡郡粟生村に生まれる。1886年(明治19年)に東京法学校(現法政大学)を卒業する。

1887年明治20年)に公証人試験に合格するが、同年保安条例に触れ、三里以外の地に退去を命じられる。

1889年(明治22年)に大阪で公証人となり、1891年(明治24年)に大阪商業会議所の特別会員となる。

1893年(明治26年)に片岡直温らとともに帝國物産を設立し、その顧問に就任し、1894年(明治27年)に日本時計製造の設立に参加し、その監査役に就任する。

大阪市会議員、大阪府会議員・議長を経て、1911年(明治44年)7月に衆議院議員補欠選挙に当選し[1]、ついで1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に当選する。

また、今里土地社長、参宮急行電鉄大阪合同紡績の役員、関西競馬倶楽部副会頭などを歴任した。

1934年(昭和9年)3月8日に死去、享年77。

著書[編集]

  • 『市制町村制義解』(時習社、1888)
  • 『公民必携法規参照対比市制町村制』(積善館、1889)
  • 『第二十八回衆議院重要問題商工政策に関する質問演説』(帝国議会要史編纂所、1912)
  • 『根本的金利改善策解説』(1926)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8428号、明治44年7月26日。

参考文献[編集]