砂川雄峻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
砂川雄峻

砂川 雄峻(すながわ かつたか、安政7年2月10日[1]1860年3月2日) - 昭和8年(1933年4月15日[1])は、日本の衆議院議員憲政本党)、弁護士

経歴[編集]

姫路藩士砂川貫一郎の二男として生まれる。1882年明治15年)、東京大学を卒業した。同年の東京専門学校(後の早稲田大学)の創設にあたっては、創立委員として小野梓高田早苗などと共に大隈重信を支え、最初は講師を務め[2]、後には評議員・維持員を務めた。その後、大阪で弁護士として活動し、大阪弁護士会長も務めた。さらに関西法律学校(後の関西大学)の講師となり、後に監事、主席理事を歴任した。

また1887年(明治20年)より大阪府会議員を務め、議長にも選出された。1902年(明治35年)、第7回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他に大阪商業会議所特別会員となった[2]

おもな著書[編集]

  • 『英米契約法』 上 (東洋館書店、1883年)
  • 『法曹紙屑籠』 (藤原喜一、1918年)

出典[編集]

  1. ^ a b 『故砂川雄峻位記追賜ノ件』
  2. ^ a b 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]