泪橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜川橋(旧 泪橋) 2012年4月撮影

泪橋(なみだばし)は東京都にあったの名称である。荒川区と品川区に一ヶ所ずつの計二ヶ所あった。いずれも近隣の刑場に深い関連があるとされる。

  1. 荒川区南千住にある小塚原刑場跡の近くの思川(おもいがわ)にかかっていた橋。
    現在では思川は全て暗渠化されているため橋の面影はなく、その名前は交差点やバスの停留所に付けられる事で残っている。
  2. 品川区南大井にある鈴ヶ森刑場跡の近くの立会川にかかっていた旧東海道の橋。
    現在では名称が「浜川橋」に変わっている。

「泪」という名の由来[編集]

江戸時代、小塚原と鈴ヶ森はともに犯罪者の刑場であり、火焙り獄門が行われ牢内で斬首された首はここに運ばれて晒された。

小塚原は山谷地区の北端にあり、地区のはずれに泪橋がかかっていた。刑場にいくにはこの橋をわたった。

一方、鈴ヶ森は江戸の北の刑場である小塚原に対しての南の刑場として設置された。鈴ヶ森刑場の周辺は、かつて海岸沿いのさびれた地であった。鈴ヶ森の刑場に向かうには、近くの立会川にかかる泪橋をわたった。

これら泪橋は、罪人にとってはこの世との最後の別れの場であり、家族や身内の者には、処刑される者との今生の悲しい別れの場。お互いがこの橋の上で泪を流したことから、この名が付けられた。

関連項目[編集]

  • あしたのジョー - 漫画、アニメ他作品。台東区と荒川区の境にある泪橋の下に丹下段平がジムを構えていたという設定。作品では史実と異なり実際に川が流れその上に橋が架かっている(ただし、川が思川と明言はされていない)。また、名前の由来は人生に敗れドヤ街へ流れ着く者が涙を流しながらこの橋を渡るからとされており、作中に登場する「泪橋を逆に渡る」というフレーズは拳一つでどん底から這い上がり明日の栄光を目指すというこの作品のテーマを示している。
  • ラーメン橋 - ゲーム。東京下町のナミダ橋横丁を舞台にストーリーが進む。
  • 巨人の星 第47話 押しかけた十一球団 - 最後に泪橋を走り抜けるシーンあり