立会川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立会川
立会川
立会川
水系 二級水系 立会川
種別 二級河川
延長 7.4 km
水源 碑文谷池清水池目黒区
河口・合流先 東京湾品川区勝島
流域 東京都
テンプレートを表示

立会川(たちあいがわ)は、東京都目黒区および品川区を流れ東京湾に注ぐ二級河川。全長7.4km。昭和20年代までは[1]ザリガニが棲むきれいな小川であり、子供たちの絶好の遊び場であったが、現在では大部分が暗渠となり、道路(立会道路)や、緑の豊富な遊歩道公園などになっている。

地理[編集]

東京都目黒区にある碑文谷池清水池に源を発し、南東方向へ流れる。品川区の西小山駅荏原町駅西大井駅大井町駅立会川駅付近を通り東京湾勝島運河に注ぐ。

昭和後期には水量の減少と生活廃水等により汚れた川となり、1996年度には生物化学的酸素要求量(BOD)が都内の中小河川で最悪となっていた[2]。しかし2002年7月からJR東日本が、馬喰町駅 - 東京駅間の総武線トンネル内に湧き出る地下水下水費用対策と、立会川の水量増加と水質改善を兼ねて、敷設した12kmの配水管により立会川への送水を開始し[2][3][4]、このことにより水質が大幅に改善した。2003年には海で孵化したボラの稚魚が大群で現れて話題となった[5]

名称の由来[編集]

以下のように複数の説があるが、定説となるものは無い。

  • その昔、川を挟んで小競り合いがあったことから「太刀会川」とした。
  • 鈴ヶ森刑場へ送られる罪人を、その親族や関係者が最後に見送る(立ち会う)場所であることから「立会川」となった。
  • 中延の滝間(たきあい)という地を流れていたので滝間川(たきあいがわ)と呼ばれ、それが現在の立会川に変わった。

橋梁[編集]

  • 月見橋 - 本橋梁より上流は暗渠となる。
  • 桜橋
  • 昭和橋
  • 立会川橋 - 国道15号(第一京浜)
  • 京急本線
  • 弁天橋
  • 濱川橋

脚注[編集]

  1. ^ フナドジョウなどの淡水魚およびボラなどの汽水魚
  2. ^ a b 「地下水を品川の川に」、朝日新聞 2001年3月8日付朝刊、35面、東京 東部(東京川の手)
  3. ^ 送水前は下水処理費用として年間約2億円を支払っていた。
  4. ^ JR東日本グループ 社会環境報告書2009
  5. ^ 川面をボラが埋め尽くす 東京・品川の立会川で”. 47NEWS (2003年2月7日). 2014年11月9日閲覧。

座標: 北緯35度36分08秒 東経139度44分53秒 / 北緯35.602271度 東経139.747939度 / 35.602271; 139.747939