安岡正篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

安岡 正篤(やすおか まさひろ、1898年[1]明治31年)2月13日 - 1983年昭和58年)12月13日)は陽明学[2]思想家。

経歴[編集]

現在の大阪府大阪市中央区旧順慶町(現在の中央区長堀)において、素封家の父・堀田喜一、母・悦子の四男として誕生。実兄に高野山金剛峯寺第403世座主、堀田真快がいる。 1904年(明治37年)大阪市芝尋常小学校(現石切小学校)入学[3]。四書の「大学」から素読を始める。 1910年(明治43年)日下小学校(現東大阪市立孔舎衙小学校)を卒業。大阪府立四條畷中学校(現大阪府立四條畷高等学校)入学。1916年大正5年)卒業までの5年間(脚気にて休学期間あり)、歩きながら書を読んで電柱にぶつかったり、牛に突き当たったりしたという伝説が生まれる。中学校では剣道部に所属。一方で、近所の春日神社神官浅見晏斎に見出され、漢詩に親しみ、さらに柳生藩大参事であった陽明学者岡村達より感化を受ける。卒業後、高知県貫属士族で東京在住の安岡盛治の養子となる。安岡は、戊辰戦争の際、近藤勇を捕縛し斬首した功名で知られる土佐藩士安岡良亮の孫にあたる。 第一高等学校第一部丙類(独法科)に首席で入学[4][5][6]1919年(大正8年)東京帝国大学法学部政治学科に入学し、上杉慎吉に師事[7][8]1922年(大正11年)に東京帝国大学の卒業記念として執筆され出版された『王陽明研究』が反響を呼ぶ。

大学卒業後に文部省に入省するも半年で辞す。皇居内に設立されていた社会教育研究所[9]1923年(大正12年)小尾晴敏の懇請により出講。関東大震災ののち同研究所の組織再編に際し、学監兼教授となり、教育部長を兼任する。同年「東洋思想研究所」を設立、当時の大正デモクラシーに対して伝統的日本主義を主張した。同年より拓殖大学東洋思想講座講師となる[10]。傍ら『日本精神の研究』『天子論及官吏論』などの著作を発表し、一部華族軍人などに心酔者を出した。1924年(大正13年)宮内大臣牧野伸顕と対談。1927年(昭和2年)酒井忠正の援助により「金鶏学院」を設立し、1931年(昭和6年)には三井や住友などの財閥の出資により埼玉県に「日本農士学校」を創設し、教化運動に乗り出した。

金鶏学院は軍部や官界・財界に支持者を広げて行き、1932年(昭和7年)には「日本主義に基づいた国政改革を目指す」として、酒井や後藤文夫近衛文麿らとともに「国維会」を設立し、新官僚の本山となった。同団体から、斎藤岡田両内閣に、後藤や吉田茂(後の首相とは別人で同姓同名の厚相・軍需相)、廣田弘毅ら会員が入閣したことで、世間の注目も集まったが、一方で政界の黒幕的な見方も強まったため、2年後には解散に追い込まれる。その間1933年(昭和8年)2月1日、国維会機関誌『国維』上に「篤農協会」の結成を掲載する。理事長酒井忠正[11]

金鶏学院などを通じた教化活動は続けられ、「二・二六事件の首謀者西田税らに影響を与えた一人」とも言われる。北一輝大川周明猶存社のメンバーでもあった。年上である八代六郎(元海軍大将)、山本五十六、更には中華民国総統の蒋介石などとも親交があり、第二次世界大戦中には1944年(昭和19年)より大東亜省顧問として外交政策などに関わった。

1945年(昭和20年)、8月15日の終戦の詔勅玉音放送)を刪修する[注釈 1][12][13]

終戦後1946年(昭和21年)に、かつて安岡が創設した「金鶏学院」や「日本農士学校」等の各団体や学校は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ・SCAP)により解散を命じられ財産は没収、安岡自身も大東亜省奉職を理由に公職追放される。1949年(昭和24年)に「師友会」(後の全国師友協会[14])を結成、機関紙『師友』(後の『師と友』)の発行による次代の指導者の育成や、全国各地を巡っての講演、更にはラジオによる講話などを通じた東洋古典思想の普及活動を行った。1950年(昭和25年)10月公職追放令第一次解除に該当する[15]

1951年(昭和26年)吉田茂総理兼外務大臣と対談[16]。政財界とのパイプは保ち続け、自民党政治家のアドバイザーとして主に東洋宰相学、帝王学を説き、彼らの「精神的指導者」「陰の御意見番」「首相指南役」の位置にあった。1954年(昭和29年)6月1日を期して師友会を「全国師友協会」と改め、ここでの活動を中心に陽明学を基礎とした東洋思想の普及に努める。1958年(昭和33年)には岸信介安倍源基木村篤太郎らとともに「新日本協議会」を結成、安保改定運動や改憲運動などに関わった。東洋古典の研究と人材育成に尽力する一方で、「体制派右翼」の長老としても政財官界に影響力を持ち続けた。「全国師友協会」は遺言もあって解散したが、各地域の支部がそれぞれ独立した団体として活動を続け、その思想を継承している。

1975年(昭和50年)先妻が死去。二男二女があった。1983年(昭和58年)当時赤坂のレストランパブ「マンハッタン」の経営者だった細木数子と再婚騒動があったが、安岡の死後に婚姻の無効が調停される[注釈 3]1983年(昭和58年)12月13日逝去。享年85。葬儀は1984年(昭和59年)1月25日青山葬儀所で、葬儀委員長に岸信介、同副委員長に稲山嘉寛大槻文平・田中秀雄、委員に新井正明江戸英雄平岩外四によって執行。政界からは当時の首相・中曽根康弘を始め、田中福田鈴木の各歴代首相が並び中華民国の馬樹礼、韓国朴泰俊等高官の参列。会葬者は2千有余であった[注釈 4]

逸話・世評等[編集]

安岡には政界だけでなく、財界にも多くの心酔者がおり、三菱グループ近鉄グループ住友グループ東京電力など多くの財界人をも指南していたとされる[17]

戦前にあっては血盟団事件に「金鶏学院」の関係者が多く連座したため安岡も一時関与を疑われた。井上日召は、「血盟団事件の検挙の発端は、金鶏学院への波及を恐れた安岡が当局に密告したため」と、戦後に証言している[18]。また安岡が、五・一五事件二・二六事件の首謀者の一員とされる大川周明北一輝と東京帝国大学時代に親交があったことからこれらの事件への関与を指摘する向きもあるが、安岡自身はこのことについて何も語っておらず、現在ではこれらへの関与を否定する見方が一般的である。一方で特に海軍関係者との親交や大東亜省顧問としての活動が挙げられるが、具体的に何に何処まで関与したかはほとんど明らかにされていない。

戦時中からすでに政治家右翼活動家に影響力があったため、GHQより戦犯容疑がかかったが、中華民国蒋介石が「ヤスオカほどの人物を戦犯にするのは間違いだ」とGHQを説得し逮捕されなかった[19]

戦後にあっては、自民党政治の中で東洋宰相学、帝王学に立脚し、「実践的人物学」、「活きた人間学」を元に多くの政治家や財界人の精神的指導者や御意見番の位置にあった。安岡を信奉し、師と仰いだとして知られる政治家には吉田茂池田勇人[20]佐藤栄作[注釈 5]福田赳夫大平正芳など多くの首相が挙げられる[21]岸信介以降の歴代首相田中角栄三木武夫を除く)に施政方針演説の推敲を依頼されていたと言われる[22]

長年の親友であった政界長老の肥田琢司の追悼集の表題『浩然録』は安岡の案によるものであり、肥田との思い出も綴られている[23]。また、代議士になった弟子に林大幹がおり、回想記を出している[24]。晩年陽明学に傾倒した三島由紀夫は、自決の2年前の1968年(昭和43年)5月26日付けで安岡に手紙を書いている[25]。この手紙では、当時入手困難だった安岡の著作を、伊沢甲子麿を通じ安岡本人から贈ってもらったことへの謝辞を「(安岡)先生のやうな真の学問に学ぶことのできる倖せ」と言い表すと共に、朱子学に傾倒する江藤淳徂徠学に傾倒する丸山眞男への批判が述べられている[25][注釈 6]。三島の自決後、安岡は新聞が論評した三島流の「知行合一」を「動機の純粋を尊んで、結果の如何を問わないなんていう、そんなものは学問でもなく真理でもない」と批判している一方、三島個人については「惜しい人物であった。もう少し早く先師(王陽明)に触れていたら・・・」と述べたという[26]

1990年(平成2年)に竹下登が記者会見で示唆したところによると、「平成」の元号の発案者と言われている。「いつか昭和が終わったら次は平成というのはどうだろう?平和が成り立つという意味だ」と、生前、安岡自身が平成の元号を考案したということが一般的に広く知られている。しかし、元号制定時に内閣内政審議室長だった的場順三は、これは事実に反しており、「平成を考案したのは山本達郎先生です。日本学士院で初めてお会いした時、『これはいい文章だと思うんだけどな。これとこれを合わせるとこうなる』と、その場で『平成』を示されました。(中略)『平成』は安岡正篤先生の案だとまことしやかにいう人もいますが、事実ではありません。亡くなっている人の案を採用することは無いのですから」と証言している。[27]また、安岡はGHQによる「3S政策」の存在の可能性を著書『運命を創る―人生訓―』(プレジデント社・1985年)中で唱えている。

  • 戦後の歴代総理に「日本の黒幕はだれか?」と聞けばほとんどの首相が安岡正篤の名前を挙げたという。数々の伝説を残し、政界・財界・皇室までもが安岡を頼りにしていたことから「昭和最大の黒幕」と評される[28]。安岡本人は「自分はただの教育者にすぎない」と考えていたため、「黒幕」と言われるのを嫌がった。しかし、自分自身が直接権力を持たない反面、権力者に対して絶大な発言力を持っていた。名のある大物ほど安岡の教えに心酔し、意見や講演を求め、本人の意思に反して各界に影響力を拡大していったためである。

主な著作[編集]

  • 支那思想及人物講話 玄黄社、1921
  • 王陽明研究 玄黄社、1922
  • 復興亜細亜の思想的根拠 猶存社、1922
  • 天子論及官吏論 社会教育研究所、1923
  • 吉田松陰と国士的陶冶 大塩中斎洗心洞箚記抄釈 社会教育研究所、1924
  • 日本精神の研究 玄黄社、1924
  • 聖侠と超人 東洋研究会、1924
  • 維新日本の青年に告ぐ 日本青年館、1925
  • 復興亜細亜の根本精神 社会教育研究所、1925
  • 日本精神の本質 社会教育研究所、1925
  • 哲人陸象山 金雞學院、1927
  • 日本の世運と子女の敎學 金雞學院、1927
  • 日本政教の根本問題 國體原論 金雞學院、1927
  • 自然と支那文学 東亜研究会、1927
  • 革むる者・滅ぶる者 金雞學院、1928
  • 金鶏精舎誦習光明蔵 金雞學院、1928
  • 哲人耶律楚材 蒙古の大宰相 金雞學院、1929
  • 東洋倫理概論 玄黄社、1929
  • 光明蔵 金雞学院、1929
  • 東洋思想の特質 中央教化團體聯合會、1929
  • 諸葛孔明を憶ふ 金雞學院、1930
  • 大塩平八郎 金雞學院、1930
  • 達人熊沢蕃山 金雞學院、1930
  • 読書人の心身攝養法 福岡農士学校、1930
  • 古今名詩幽情集 金雞學院、1930
  • 文中子抄 金雞學院、1931
  • 日本武道と宮本武蔵 金雞學院、1931
  • 政治と人物 金雞學院、1931
  • 日本精神と辯證法 日本精神の根本(紀平正美と共著) 青年敎育普及會、1932
  • 國體の眞意義 日本の國體(紀平正美と共著) 青年敎育普及會、1932
  • 東洋政治哲學 王道の研究 玄黄社、1932
  • 満蒙統治の王道的原則 金雞學院、1932
  • 老荘思想講話 金雞學院、1932
  • 楊墨異端の教 金雞學院、1932
  • 幕末と志士道 金雞學院、1932
  • 経世瑣言 国維会東京青年部、1933
  • 荀子鈔 金雞學院、1933
  • 旅と心 金雞學院、1933
  • 孝経入門 金雞學院、1934
  • 易学陰陽消長の理より見たる学の維新と日本精神論 日本文化協会出版部、1935
  • 読書人の心身攝養法 素行会、1935
  • 楠木正成 金雞學院、1935
  • 漢詩読本 日本評論社、1936
  • 河井蒼竜窟の学源 互尊独尊衍義補 日本互尊社、1936
  • 日本精神通義 日本靑年館、1936
  • 神道童問 金雞學院、1936
  • 春日潜菴の教学 教学局、1937
  • 主客観と心律 安岡正篤、1938
  • 名君碩学水雲問答 金雞學院、1938
  • 劉邦と項羽 史記物語 金雞學院、1938
  • 夫子の道 孔子家語抄講 篤農協会、1940
  • 日本精神と思想戰 内閣情報部、1940
  • 斉家の学 篤農協会、1941
  • 孔子家語經世抄 金鶏學報特輯 金雞學院、1942
  • 世界の旅 第一書房、1942
  • 続経世瑣言 刀江書院、1942
  • 耕学清話 農閑学 篤農協会、1944
  • 終戦前後 百朝集 福村書店、1946
  • 老荘思想 福村書店、1946
  • 政治家と實踐哲學 福村書店、1948
  • 漢詩と人間学 昭心詩話 福村書店、1948
  • 世界の運命 世界の旅より 明徳出版社、1950
  • 照心詩話 漢詩と人間学 福村書店、1952
  • 日本を興す道 師友会、1952
  • 日本の父母に 福村書店、1952
  • 新編百朝集 福村書店、1952
  • 危機静話 新編経世瑣言 福村書店、1953
  • 日本の運命 日本を救ふ道 明徳出版社、1955
  • 祖国と青年 祖国の精神的伝統を語る 明徳出版社、1955
  • 副論語 孔子家語十講 明徳出版社、1956
  • 現代の道標 世界卓説名言抄 明徳出版社、1956
  • 老子と達磨 明徳出版社、1956
  • 英雄と学問 河井継之助とその学風 明徳出版社、1957
  • 興亡秘話 明徳出版社、1957
  • 暁鐘 明徳出版社、1958
  • 東洋思想と人物 明徳出版社、1959
  • 浮生有情集 浮生有情集刊行会、1959
  • 易学入門 明徳出版社、1960
  • 大和 自然と人間の大則 日本通運、1961
  • 憂楽志 世の安危 明徳出版社、1961
  • 東洋的志学 黎明書房、1961
  • 醒睡記 明徳出版社、1963

訳書[編集]

  • 曾國藩内訟錄 の抄訳註 金雞學院、1927[注釈 7]
  • 養真生活 酔古堂剣掃続抄 陸紹珩(湘客)著『酔古堂剣掃』 の選釈 金雞學院、1935
  • 王陽明文録 の選釈 金雞學院、1936
  • 為政三部書 張養浩著『三事忠告』の訳註 玄黄社、1938

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 終戦時、昭和天皇自身によるラジオ放送の終戦の詔書発表(玉音放送)に加筆し原稿を完成させたことから皇室からも厚い信頼を受けていた。
  2. ^ 溝口敦『魔女の履歴書』pp.123-124(講談社2006年)によると、細木は安岡を籠絡した手段について問われた折「お酒よ、お酒。家じゃ飲ましてもらってないようだから、わたしが好きなだけ飲ましてる。お酒で"殺した"のよ」「ドジョウと同じ」と答えたという。
  3. ^ 1983年(昭和58年)、当時銀座のバーのマダムであった細木数子と再婚の約束を交わした[注釈 2]。当時85歳で、認知症の症状があったと言われ、40歳近く歳の離れた女性との再婚であり、実際の結婚生活がほとんどなかったことから安岡家の親族が猛反対したが、細木が安岡と交わしたとされる「結婚誓約書」なるものを元に、婚姻届を提出し、受理されたことで、安岡家は東京地裁に「細木との婚姻の無効」を求める調停を申し立てた。その翌月安岡は他界。調停は婚姻はなかったこととして、細木が初七日で戸籍を抜く事(結婚生活は事実上無し)で決着した。
  4. ^ 受付を愛弟子の一人である政界の陰陽師鍼灸師の富士谷紹憲が担当した。
  5. ^ 佐藤栄作の首相就任前の訪米時に応対辞令の極意を授け、このときのケネディ大統領との会談がケネディに沖縄返還交渉開始を決断させたと言われる。
  6. ^ 三島の江藤淳丸山眞男への批判部分は、以下のものである。
    江藤淳の如き、ハーバード大学で突然朱子学の本をよみ、それから狐に憑かれた如く朱子学朱子学とさわぎ廻つてゐる醜態を見るにつけ、どうせ朱子学は江藤のやうな書斎派の哲学に適当であらうと見切りをつけ、(中略)

    左翼学者でも、丸山真男の如き、自ら荻生徂徠を気取つて、徂徠学ばかり祖述し、近世日本の政治思想の中でも、陽明学は半頁のcommentaryで片附けてゐるかの如きは、もつとも「非科学的」態度と存じます。返つて大衆作家の司馬遼太郎などにまじめな研究態度が見え、心強く思つてをります。

    — 三島由紀夫「安岡正篤宛ての書簡」(昭和43年5月26日付)[25]
  7. ^ 同書第2巻は、金雞學院院生による訳註を安岡が監修 金雞學院、1929

出典[編集]

  1. ^ 安岡正篤コトバンク
  2. ^ 中国学の一学究、と自称した。『支那思想及人物講話』玄黄社 1921 p.35
  3. ^ のち、大阪市道仁小学校、日下小学校。『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.17
  4. ^ 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.19
  5. ^ 谷光太郎『東洋式人間学について』
  6. ^ この頃、中国思想史的研究を開始。『支那思想及人物講話』玄黄社 1921 緒言p.1
  7. ^ 『天皇と東大(上)』立花隆 文藝春秋 2008 p.444
  8. ^ 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.21
  9. ^ 1921年(大正10年)小尾が設立。『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.25
  10. ^ 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.27
  11. ^ 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.43
  12. ^ 1981年(昭和56年)の春の園遊会で、昭和天皇から「安岡、終戦のときは苦労をかけたね」と言葉をかけられた。『安岡正篤の真実』 塩田潮 編著 ワック 2006 p.5
  13. ^ 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.150
  14. ^ 1954年(昭和29年)6月に改称、同時に機関誌名も『師と友』に改称された。『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.125
  15. ^ 『安岡正篤先生動情記』林繁之 プレジデント社 1988 p.14
  16. ^ 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会 1997 p.116
  17. ^ 『安岡正篤先生動情記』林繁之 プレジデント社 1988 p.17、36、68
  18. ^ 『安岡正篤の真実』 塩田潮 編著 ワック 2006 pp.172-173
  19. ^ 『安岡正篤の真実』 塩田潮 編著 ワック 2006 p.212
  20. ^ 池田勇人の派閥研究会「宏池会」の命名者である『安岡正篤の研究』 川井良浩 編著 明窓出版 2006 p.18
  21. ^ 『安岡正篤の研究』 川井良浩 編著 明窓出版 2006 p.17
  22. ^ 但し安岡の次女の著書によると、三木自身、秘書経由でなく自身で電話をして演説の文章について相談していたという。伊藤節子『父 安岡正篤を語る』致知出版社 1998 p.202 ISBN 4-88474-534-5
  23. ^ 『浩然録 肥田琢司追遠集』
  24. ^ 『四十にして志を立つ 安岡正篤先生に学ぶ』竹井出版 1988
  25. ^ a b c 三島由紀夫「安岡正篤宛ての書簡」(昭和43年5月26日付)。 補巻補遺・索引 & 2005-12, pp. 238-239に所収。
  26. ^ 「手紙を貰っていたが、早い時期に東洋の学問など、じっくりと語り合いたかった。惜しいことをした」との述懐あり。『安岡正篤先生動情記』林繁之 プレジデント社 1988 p.76
  27. ^ 読売新聞2015年12月12日付け紙面「昭和時代 第五部 1980年代(1980~89)」
  28. ^ 昭和史最大の黒幕で、最後の愛人は細木数子。「安岡正篤」とは何者か?講談社BOOK公式ホームページ

参考図書[編集]

  • 『郷土偉人伝 安岡正篤物語』(奥田哲郎著:河内新聞社刊)1992年4月
  • 『安岡正篤先生年譜』安岡正篤先生年譜編集委員会。1997年2月。A4版301頁。著書のみならず多くの雑誌文献を記載。全国の主な国公立図書館などに贈る。
  • 『安岡正篤 人生は難題克服に味がある』 芳村玲好 編著 三五館 2002年3月
  • 『金雞学院の風景』2003年5月 亀井俊郎編著 邑心文庫
  • 『決定版 三島由紀夫全集補巻 補遺・索引』 新潮社、2005年12月ISBN 978-4-10-642583-7 
  • 『安岡正篤一日一言[1]安岡正泰編著 致知出版社2006年7月
  • 『安岡正篤の真実』 塩田潮 編著 ワック2006年8月(『安岡正篤―昭和の教祖―』1994年11月 文藝春秋 の改題、改訂)
  • 『安岡正篤の研究』 川井良浩 編著 明窓出版 2006年9月
  • 『月刊BOSS』2006年10月号 株式会社経営塾
  • 『右翼辞典』堀幸雄柏書房2006年11月
  • 「愛国団体一覧表」出版地・出版者・出版年未記載。ガリ版。90頁。24cm。オックスフォード大学ボドリアン図書館所蔵。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]