紀平正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紀平正美
紀平正美
紀平正美
人物情報
生誕 (1874-04-30) 1874年4月30日
三重県
死没 (1949-09-19) 1949年9月19日(75歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
学問
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 論理学 • 認識論 • 哲学
研究機関 国民精神文化研究所
テンプレートを表示

紀平 正美(きひら ただよし、1874年4月30日 - 1949年9月19日)は、日本の哲学者。元学習院教授、国民精神文化研究所所員。文学博士三重県出身。日本におけるヘーゲル哲学研究の先駆者。

人物[編集]

1900年、東京帝国大学文科大学哲学科卒業。『哲學大辭書』(1912年)の編纂においては論理学認識論に関する記事の執筆を担当した。國學院大學東洋大学などの講師を経て、1919年に学習院教授に就任。ヘーゲルの弁証法を用いて東洋思想の再編を試み、1932年から国民精神文化研究所所員。同所事業部長をつとめ、戦時下は国民精神を鼓吹する国民精神文化研究所において中心的存在であった。戦後、公職追放。1949年、死去。


著書[編集]

翻訳[編集]

関連項目[編集]