井上日召

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いのうえ にっしょう
井上日召
Nissho Inoue.JPG
生誕 1886年4月12日
日本の旗 日本 群馬県利根郡川場村
死没 (1967-03-04) 1967年3月4日(80歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学東洋協会専門学校(現:拓殖大学
職業 僧侶
政治運動家
テロリスト
運動・動向 血盟団」、「護国団
宗教 仏教
宗派 日蓮宗

井上 日召(いのうえ にっしょう、1886年4月12日 - 1967年3月4日)は、日本の宗教家、政治運動家、テロリスト。

日蓮宗僧侶としていわゆる近代日蓮主義運動の思想的系譜に連なり、戦前の右翼テロリスト集団「血盟団」、戦後の右翼団体護国団」の指導者を務めた。本名は井上昭。昭の字を分けて日召とす。

略歴[編集]

1954年

エピソード[編集]

後の日本赤軍のリーダーの重信房子の父親は血盟団員であり、赤ん坊の房子は井上に膝に抱かれたことがあるといわれる。

登場する作品[編集]

著書[編集]

  • 『一人一殺 - 井上日召自伝』 日本週報社 (1953)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 杉本健『海軍の昭和史』文芸春秋、1982年。59頁
  2. ^ 『沢本頼雄日記』

外部リンク[編集]