新井正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

新井 正明(あらい まさあき、1912年大正元年〉12月1日 - 2003年平成15年〉11月27日)は、日本の実業家住友生命保険社長・会長、松下政経塾理事長、関西師友協会会長を歴任した。

経歴[編集]

群馬県生まれ[1]1937年昭和12年)、東京帝国大学卒業後、住友本社入社。住友生命に配属。1938年(昭和13年)に召集を受け、ノモンハン事件での戦傷により右脚を切断[1]1940年(昭和15年)より復職。

1950年(昭和25年)、取締役。1966年(昭和41年)、社長。1979年(昭和54年)、会長。1986年(昭和61年)、名誉会長。また、1973年(昭和48年)から生命保険協会会長を務め、1986年(昭和61年)、同名誉会長となった。

その他にも、思想家安岡正篤の思想に共鳴して私淑し、1977年(昭和52年) - 2003年(平成15年)まで関西師友協会会長を、1999年(平成11年) - 2000年(平成12年)までは松下政経塾理事長を務め、関西経済同友会代表幹事も任された。

2003年(平成15年)11月27日午前6時30分、肺炎のため大阪市内の病院で死去[1]。90歳没。

東洋哲学に造詣が深く、致知出版社から古典に関する著書を刊行している。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “新井正明元住生社長が死去 関西同友会代表幹事を歴任”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年11月30日). http://www.47news.jp/CN/200311/CN2003113001000310.html 2013年9月20日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『安岡正篤に学んだ私の人生』(著:新井正明 版:致知出版社)
先代:
芦田泰三
住友生命保険社長
1966年 - 1979年
次代:
千代賢治